純白の王子妃だった君へ

幼い頃から家を継ぐ兄とは違い、【駒】として育てられてきたエンジェリーナ。
女性の婚姻が許可される18歳になった当日、上機嫌の父に呼び出される。

父から告げられた輿入れ先は第三王子殿下。
血気盛ん。勇猛かつ獰猛な剣士でその名を知らぬ者はいない程の無慈悲な冷徹な王子。
同時にその逞しくしなやかな体は一夜限りの逢瀬で女性たちを悦ばせる。
幾多もの縁談を断ってきた第三王子が直々に望んだという婚姻。

断る術も理由もなく第三王子の元に嫁いだエンジェリーナを待っていたのは多くの愛人に囲まれた第三王子セドリック。
初夜こそ寝台は共にしたが、並んで横になるだけで指一本触れてこないセドリック。

2,3か月に1度だけ夕食をともにするだけの夫婦関係。交わす会話も少なく静かな食事室。
純白の王子妃と呼ばれ王子宮で冷遇されるエンジェリーナ。
支えは幼い頃からの侍女シンディと幼馴染の護衛騎士フレデリック。

正式に妾妃とされた女性はいないけれど数人の愛人たちが女主人の顔をして闊歩する王子宮。
1人の愛人がセドリックの子を身籠ったと聞かされるエンジェリーナ。

自分はどうしてここにいるのだろうと気を病み、床に伏せってしまう。
王都から離れた離宮で静養をする事になり、穏やかな日々を過ごしている所にセドリックが見舞いに訪れる。

3年経てば王族との婚姻でも白い結婚が認められると聞いたエンジェリーナは見舞いに来たセドリックに離縁を告げるが怒りで我を忘れたセドリックは乱暴にエンジェリーナを抱いた。

我に返ったセドリックは「すまない。こんな筈では無かった」と言い残し離宮を後にする。

数日経った夜、離宮は侵攻を企む隣国の兵士に囲まれ奇襲をされる。
逃げまどう使用人たち。エンジェリーナを庇ったシンディはその場で絶命をしてしまった。
フレデリックは背と腕を負傷しながらもエンジェリーナを連れて離宮を出た。

駆け付けたセドリックはエンジェリーナの部屋で絶命しているシンディを見て怒りに狂う。

かろうじて逃げ延びたエンジェリーナとフレデリックは‥‥。
そしてセドリックは‥‥。

※話の都合上、少々残酷な描写があります。
※作者都合のご都合主義です。
※リアルで似たようなものが出てくると思いますが気のせいです。
※架空のお話です。現実世界の話ではありません。
※爵位や言葉使いなど現実世界、他の作者さんの作品とは異なります(似てるモノ、同じものもあります)
※誤字脱字結構多い作者です(ごめんなさい)コメント欄より教えて頂けると非常に助かります。
※頑張って更新します。
24hポイント 454pt
小説 3,010 位 / 121,786件 恋愛 1,397 位 / 34,240件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

スマートシステムで異世界革命

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:8428pt お気に入り:1529

政略結婚なのにここまで溺愛されるなんて思いませんでした

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:17410pt お気に入り:1800

花嫁は忘れたい

恋愛 / 完結 24h.ポイント:14505pt お気に入り:730

家族に売られた令嬢は、奉公先で溶けるほど甘やかされてます。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:66499pt お気に入り:12281

婚約破棄をしたら、推進している事業が破綻しませんか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:30118pt お気に入り:2491

あなたが婚約破棄とおっしゃったのですよ? 

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:29145pt お気に入り:3168

婚約破棄された侯爵令嬢は悲しみに浸りたいのに周りが騒がしいです!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:8308pt お気に入り:5215