辺境伯の奥様は「世界一の悪妻」を目指している

公爵家の子息の身代わりに戦に従軍までしたソード伯爵家のファマリー。

戦は終わったものの、父も兄も戦死。残った伯爵家は叔父一家に食い荒らされ母は病死。
その叔父からはかつての敵国だった国のレブハフト辺境伯との縁談を纏めてきたと告げられてしまう。

せめて家名だけは綺麗なままで。
そう考えたファマリーは辺境に赴く日に叔父夫婦の目を盗んでソード伯爵家を廃家とする手続きを取った。

レブハフト辺境伯から遣わされたという使者はファマリーの秘密を知っていた。
母親から「他言無用」と従軍した際も、周りに気取られないよう注意してきた秘密。ファマリーは魔力持ちで「成長を促す魔法」が使える魔法使いだった。

この結婚は貴族で無くなった自分とは無効となると使者に告げるが、使者は「関係ない。領地の為に貴女を選んだ」のだという。
レブハフト辺境に到着したファマリーの目に映ったもの。それは荒廃し焼け野原になった領地。
その日に食べるものにも事欠く領民達だった。

領主の屋敷に到着すると使用人達はもろ手を挙げてファマリーを迎え入れるが、当主であり夫となるはずだったヴィゴロッソがいない。

戦で大事な友人や家族を失った事でファマリーの母国に恨みを持つヴィゴロッソは「スカップ王国の妻などとんだ大恥、悪妻だ」と言い放った。

飢える領民を放っておくヴィゴロッソに怒り心頭で「なら世界一の悪妻になってやるわ!」と領地改革を始めてしまうのだった。

前半はシリアスっぽく見えますが、辺境に行った後はただのコメディのようなものです。
ウッスウスの恋愛要素もありますが、魔法も飛び出すファンタジー(想像の世界)です。

♡注意事項~この話を読む前に~♡
※異世界を舞台にした創作話です。時代設定なし、史実に基づいた話ではありません。リアルな世界の常識や歴史と混同されないようお願いします。外道な作者の妄想で作られたガチなフィクションの上、ご都合主義である事が了解できそうにない時はブラウザバックをお願いします。
現実(リアル)の医療、や日常生活の様相などは同じではないのでご注意ください。
※架空のお話です。登場人物、場所全て架空です。
※話の基幹、伏線に関わる文言についてのご指摘は申し訳ないですが受けられません。
※価値観や言葉使いなど現実世界とは異なります(似てるモノ、同じものもあります)
※誤字脱字結構多い作者です(ごめんなさい)コメント欄より教えて頂けると非常に助かります。
24h.ポイント 149pt
8
小説 7,146 位 / 183,627件 ファンタジー 1,221 位 / 42,150件