生まれた国を滅ぼした俺は奴隷少女と旅に出ることを決めました。

「手を取ってみないか?」
 青年クォルテは実験体として監禁されている奴隷少女のルリーラを助けるために自分の国を滅ぼすことにした。
「今度は掴んでくれるか」
 国を滅ぼしたクォルテは再びルリーラに手を伸ばす。
「私はここから出ていいの?」
「もちろんだ好きなところに行けるぞ」
「あなたが連れて行ってくれるの?」
「俺でよければ連れて行ってやる」
「もう痛くて怖い目に合わない?」
「ああ、俺が必ず守ってやる」
「よろしくお願いします」
 クォルテは約束を守るためルリーラのために世界各国を巡ることを決めることを決める。
 色々な少女達と出会い仲間になり時に派手に戦いながら旅を続ける。
 ゆるい奴隷ハーレムファンタジー。

小説家になろうでも連載中です。
https://ncode.syosetu.com/n9225ev/
小説家になろうでは一話ごとの掲載です。
アルファポリスでは一章ごとの掲載にしています。
24hポイント 0pt
小説 77,374 位 / 77,374件 ファンタジー 22,307 位 / 22,307件