古書店の精霊

 高校三年生である斎藤柊華は、幼い頃から商店街には不似合いのお洒落な古書店へと通っている。憧れの人でもある、店長のセフィルに会う為だ。
 アンティークショップも兼ている店内で古書や小物に囲まれる中、淹れてもらったお茶を飲む優雅な時間は、いつまでも続くささやかな幸せかに思えたのだが……ある日、突然音を立てて日常が崩れ落ちる事となる。
 そんな時、柊華はセフィルを頼ったのだが、それは、更に平穏な日々とは無縁になる選択肢でしかなかった——


 ○執着愛・盗聴癖・ストーカー・ヤンデレ要素ありの困った精霊と、女子高生のお話です。
【R18】作品ですのでご注意下さい。

【関連作品】 
 『インバーション・カース 〜異世界へ飛ばされた僕が獣人彼氏に堕ちるまでの話〜』
 
【第13回恋愛小説大賞 エントリー作品】
24hポイント 7pt
小説 28,982 位 / 124,058件 恋愛 11,985 位 / 36,925件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

家族と婚約者に冷遇された令嬢は……でした

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:7703pt お気に入り:6929

異世界でハーレム生活しています

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:575pt お気に入り:609