雲母虫漫筆 ~江戸のあれこれ~

 
 「耳嚢」や「兎園小説」「新著聞集」「甲子夜話」など、江戸時代の書物から、面白いと思ったものをピックアップしてゆく短いエッセイ。

 怪談や奇談、感動話、しょ~もない話までその時の気分次第。

 「雲母虫」とは紙につく虫「シミ」の異名、小さくて可愛らしい(?)虫です。
 本の虫になったつもりで色々な江戸時代に書かれた話をご紹介してゆきたいと思っています。

 ネット上で気軽に様々な情報が拾える昨今、自分自身で「オリジナル」を読むという行為はなかなか手間がかかりますが、その分色々と新しい発見があります!

24hポイント 0pt
小説 91,013 位 / 91,013件 エッセイ・ノンフィクション 3,222 位 / 3,222件