我らが行くはガチャポンな戦場

私の名前は人造怪獣336号。
交通事故で死んだと思って目が覚めたら、私は怪獣だった。
何を言っているのか分からないだろうが、私だってこんな転生話は嫌である。
特撮ドラマの世界が転生先で、転生したのがヒーローヒロインではなく、テレビ放映一回きりの出演しかない程度の怪獣である。
せめて悪の組織の幹部だったらまだよいものを!
よって、私はヒーロー、雷光(らいこう)の手先になることに決めた。
けれど、仮の姿設定で、雷光は私を十六歳の美少女という自分の趣味をぶち込んだのである。
取りあえず一緒に戦うが、もう一度仮の姿構成機械を見つけたら、一人で生きていける成人女性の姿に構成し直し、雷光とおさらばしてやるのだ!
24hポイント 0pt
小説 101,563 位 / 101,563件 キャラ文芸 2,627 位 / 2,627件