愛してるなら、噛みついて。

ある日、天涯孤独になった黒川大吾は、六つ年上の幼馴染みであった澄野雪に声をかけられる。

「大吾くん、行くところがないなら僕の家に住む?」

彼は、天使かはたまた悪魔か。
二人の同居生活が始まる。







拗れて、歪んで、縺れあって。
不器用にしか愛せないーー

そんな2人の物語。


**********

※R18
※過激な表現が出てきます。
苦手なかたはブラウザバックを。


毎日19時更新!
よろしくお願いします。


twitter : @akari_takadono
24hポイント 0pt
小説 124,805 位 / 124,805件 BL 13,525 位 / 13,525件