勘違い令嬢は婚約破棄したい 予言の書によると俺は将来浮気するらしい。だから婚約破棄と言われても、それ予言の書でなく異世界日本のラノベだから!

『予言の書』によって、学院の卒業パーティーで婚約者から断罪され、婚約破棄を言い渡されることを知った公爵令嬢のアカシアは、婚約破棄される前に、こちらから婚約破棄してしまえと、学院の入学パーティーで、婚約者で辺境伯嫡男のウォールに婚約破棄を宣言した。
しかし、実は転生者のウォールから見れば、『予言の書』は、異世界(日本)のライトノベルでしかなく、未来で浮気するからと言われても、納得がいくはずがなかった。
そして、公爵令嬢のアカシアから、婚約者ウォールの浮気相手として名指しされた、男爵の娘カリンは、別の勘違いをしていたのだった。

カクヨム、ノベルアップ+にも投稿中
24hポイント 28pt
小説 21,012 位 / 144,254件 恋愛 9,769 位 / 45,071件