(完結)妹の婚約者である醜草騎士を押し付けられました。



この国の全ての女性を虜にする程の美貌を備えた『華の騎士』との愛称を持つ、
アイロワニー伯爵令息のラウル様に一目惚れした私の妹ジュリーは両親に頼み込み、ラウル様の婚約者となった。





しかしその後程なくして、何者かに狙われた皇子を護り、ラウル様が大怪我をおってしまった。


一命は取り留めたものの顔に傷を受けてしまい、その上武器に毒を塗っていたのか、顔の半分が変色してしまい、大きな傷跡が残ってしまった。




今まで華の騎士とラウル様を讃えていた女性達も掌を返したようにラウル様を悪く言った。



"醜草の騎士"と…。



その女性の中には、婚約者であるはずの妹も含まれていた…。




そして妹は言うのだった。







「やっぱりあんな醜い恐ろしい奴の元へ嫁ぐのは嫌よ!代わりにお姉様が嫁げば良いわ!!」















※醜草とは、華との対照に使った言葉であり深い意味はありません。

※ご都合主義、あるかもしれません。

※ゆるふわ設定、お許しください。



24h.ポイント 433pt
1
小説 2,817 位 / 183,594件 恋愛 1,336 位 / 56,012件