クトゥルフ神話要素小説一覧

タグ クトゥルフ神話要素×
6
「全て殺す。神も人も何もかも殺す。現世だろうが幽世だろうが、一切合切の区別なく殺し、血と死体の山河の果てにこの世界を終わらせる」 人間贔屓の神により、異世界から呼び寄せられた【転生者】や、突如力を与えられた【英雄】たちが多く生まれ、種全体の力の均衡が大きく崩れゆくあるこの世界。北西の僻地に追いやられた魔族の長【魔王】の一人が、その身を賭して大秘術を発動させた。 呼び出されたのは、外なる世界の存在。かつて全てを失い、憎悪と絶望の果てに封印された者の魂。 歪んだ世界を終わらせるため。滅びと言う名の救いを与えるため。災厄をもたらす最凶の邪神が今ここに顕現する。
24hポイント 0pt
小説 124,426 位 / 124,426件 ファンタジー 31,958 位 / 31,958件
文字数 25,369 最終更新日 2021.08.29 登録日 2021.08.05
2
ホラー 完結 ショートショート
クトゥルフ神話体系を下敷きとしたコズミック・ホラー。 突然始まり突然終わる。冒涜的な何かを私は見た。
24hポイント 0pt
小説 124,426 位 / 124,426件 ホラー 4,323 位 / 4,323件
文字数 390 最終更新日 2019.09.28 登録日 2019.09.28
自分がなぜここにいるのか あなたはなぜそこにいるのか “それ”を繰り返してはならないなぜなら“それ”は絶望と同じなのだから。 決断を誤ってはならない、繰り返してしまうから
24hポイント 0pt
小説 124,426 位 / 124,426件 ミステリー 2,869 位 / 2,869件
文字数 11,097 最終更新日 2019.08.13 登録日 2019.08.12
 世界は平和だ。50年以上戦争も無いし、国は富んでいる。  アルベール、私の名前だ。この国、リッシュモン王国の第三王子なのだが、どうも退屈な毎日に辟易している。  毎日の武術の稽古や魔術の勉強。それらは決して嫌では無いが、何と言うか窮屈だ。だからここ最近は王宮を抜け出して街を散策している。  とは言っても、市などで買い食いをする程度だが。それでも十分だ。羽を伸ばせる。  このまま行けば王弟か。まぁ悪くはない人生なんだろう。けれど、それも何か私の望む人生とは違う様な気がするのだ。  贅沢を言っているのだろうとは思う。だが、王子だからと言って、決してその他になれないと言うのはどうなのだろうか?まぁ、じゃぁ何になりたいんだと言われると困ってしまうんだが。  今は見つからないが、いずれ何か見つかるかもしれない。そうしたら、私の人生もワクワクするようなものに変わったりするんじゃないだろうか?  おとぎ話にでてくる英雄の様な波乱万丈な人生、とまではいかなくて良いけれど、面白い、楽しいと思えるような毎日が。  ・・・市での買い食いも、毎度ではひねりがないな。今日は何処か別の所に行ってみよう。  何か私の人生を劇的に変えてくれるような。そんな出会いは無いものだろうか。
24hポイント 0pt
小説 124,426 位 / 124,426件 ファンタジー 31,958 位 / 31,958件
文字数 171,890 最終更新日 2019.10.16 登録日 2019.04.21
現実とは少し違う科学の発展をした日本に生まれた主人公の守谷 宙(もりや かなた)は稀代の天才生物学者を両親に持ちながら文系だった。仕事(研究)からほとんど帰ってこない両親のために家事能力の低い姉、守谷 楓(もりや かえで)の世話を焼く毎日。高校進学を転機に彼の日常はどんどん変化していく。何故か巻き込まれる怪事件。地球上には存在しえない異形の知的生命体。そして外宇宙から来たらしい謎の邪神達。彼らは明日を生きることが出来るのか!? 青春を謳歌しながらスクールラヴをクラフトしたいだけなのに!
24hポイント 0pt
小説 124,426 位 / 124,426件 ライト文芸 5,090 位 / 5,090件
文字数 5,662 最終更新日 2019.01.14 登録日 2019.01.09
6
ホラー 連載中 短編
ある夏の夜、幼なじみの健人、彩、凛は ちょっとした肝試しのつもりで近辺で噂の幽霊屋敷に向かった。 そこでは、冒涜的、超自然的な生物が徘徊していた。 3人の運命は_______________ >この作品はクトゥルフ神話TRPGのシナリオを元に作ったものです。 この作品を見てクトゥルフ神話TRPGに興味を持った人はルールブックを買って友達と遊んでみてください。(布教)
24hポイント 0pt
小説 124,426 位 / 124,426件 ホラー 4,323 位 / 4,323件
文字数 3,120 最終更新日 2018.11.25 登録日 2018.10.02
6