極悪令嬢小説一覧

タグ 極悪令嬢×
5
1
恋愛 連載中 長編
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。  カチュアは返事しなかった。  いや、返事することができなかった。  下手に返事すれば、歯や鼻の骨が折れるほどなぐられるのだ。  その表現も正しくはない。  返事をしなくて殴られる。  何をどうしようと、何もしなくても、殴る蹴るの暴行を受けるのだ。  マクリンナット公爵家の長女カチュアは、両親から激しい虐待を受けて育った。  とは言っても、母親は血のつながった実の母親ではない。  今の母親は後妻で、公爵ルイスを誑かし、カチュアの実母ミレーナを毒殺して、公爵夫人の座を手に入れていた。  そんな極悪非道なネーラが後妻に入って、カチュアが殺されずにすんでいるのは、ネーラの加虐心を満たすためだけだった。  食事を与えずに餓えで苛み、使用人以下の乞食のような服しか与えずに使用人と共に嘲笑い、躾という言い訳の元に死ぬ直前まで暴行を繰り返していた。  王宮などに連れて行かなければいけない場合だけ、治癒魔法で体裁を整え、屋敷に戻ればまた死の直前まで暴行を加えていた。  無限地獄のような生活が、ネーラが後妻に入ってから続いていた。  何度か自殺を図ったが、死ぬことも許されなかった。  そんな虐待を、実の父親であるマクリンナット公爵ルイスは、酒を飲みながらニタニタと笑いながら見ていた。  だがそんあ生き地獄も終わるときがやってきた。  マクリンナット公爵家どころか、リングストン王国全体を圧迫する獣人の強国ウィントン大公国が、リングストン王国一の美女マクリンナット公爵令嬢アメリアを嫁によこせと言ってきたのだ。  だが極悪非道なネーラが、そのような条件を受け入れるはずがなかった。  カチュアとは真逆に、舐めるように可愛がり、好き勝手我儘放題に育てた、ネーラそっくりの極悪非道に育った実の娘、アメリアを手放すはずがなかったのだ。  ネーラはカチュアを身代わりに送り込むことにした。  絶対にカチュアであることを明かせないように、いや、何のしゃべれないように、舌を切り取ってしまったのだ。
24hポイント 8,847pt
小説 222 位 / 77,433件 恋愛 125 位 / 20,430件
文字数 66,403 最終更新日 2020.07.13 登録日 2020.05.14
2
恋愛 完結 短編
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。 「モドイド公爵家令嬢シャロン、不敬罪に婚約を破棄し追放刑とする」王太子は冷酷非情に言い放った。モドイド公爵家長女のシャロンは、半妹ジェスナに陥れられた。いや、家族全員に裏切られた。シャロンは先妻ロージーの子供だったが、ロージーはモドイド公爵の愛人だったイザベルに毒殺されていた。本当ならシャロンも殺されている所だったが、王家を乗っ取る心算だったモドイド公爵の手駒、道具として生かされていた。王太子だった第一王子ウイケルの婚約者にジェスナが、第二王子のエドワドにはシャロンが婚約者に選ばれていた。ウイケル王太子が毒殺されなければ、モドイド公爵の思い通りになっていた。だがウイケル王太子が毒殺されてしまった。どうしても王妃に成りたかったジェスナは、身体を張ってエドワドを籠絡し、エドワドにシャロンとの婚約を破棄させ、自分を婚約者に選ばせた。
24hポイント 1,050pt
小説 1,227 位 / 77,433件 恋愛 629 位 / 20,430件
文字数 38,160 最終更新日 2020.06.29 登録日 2020.05.24
3
恋愛 連載中 長編 R15
極悪令嬢の後悔からの転生ーーーーー新たなる始まり 気味の悪いぐちゃぐちゃに朽ち落ちた顔、片眼は潰され赤黒く爛れ肌は枯れ葉のようにがさがさになり、ぼこぼこに歪んでいる、髪は老婆のように白くなり洗ってもいないので絡まり異様な匂いを発していた、肢体は両胸はけずられ、膨らみはなく削れた皮膚が医療処置も無く引っ張りあって引っ付いていた。  腹も足も枯れ木のように黒ずみ、女とは言えない姿をしていた。  女の名は、クリスティーヌ・デル・グリフィーナ18歳、元グリフィーナ侯爵令嬢だった女だ。  何故、侯爵令嬢だった女がここまで落ちたのか?    それは、クリスティーヌが非常に極悪な令嬢で、気に入らない男女関係無く無意味に殺したからだ! この女は、自分の気持ち次第で気に入らない女も男も消さって行った。  自分の家族ですらーーーーー。 クリスティーヌは地獄のような拷問で朽ちた身体と心、娼婦としての生活、初めて自分の罪に気づくーーーーー 男に犯されながらの死ーーーーー そして、13歳の自分自身に転生する、これから誠実に暮らします。
24hポイント 1,004pt
小説 1,273 位 / 77,433件 恋愛 652 位 / 20,430件
文字数 33,042 最終更新日 2020.07.13 登録日 2020.05.09
4
恋愛 完結 短編
「カクヨム」と「小説家になろう」に投稿しています。 伯爵令嬢のオリビアは「塵嬢」と陰で蔑まれていた。意味もなく理不尽に虐待する両親に所為だった。一方妹のアイラは両親に溺愛されていた。両親が家計を顧みない莫大な費用を惜しみなく投じて「宝嬢」と呼ばれるまで美しく着飾っていた。社交の場で恥をかかされ、祖父母が決めてくれていた婚約者まで妹に奪われた。相続するはずだった公爵位は、相続する前に餓死させられ妹のモノになった。恨みを飲んで死んだオリビアの魂は、過去に死の戻る奇跡を起こした。
24hポイント 191pt
小説 4,659 位 / 77,433件 恋愛 2,012 位 / 20,430件
文字数 20,071 最終更新日 2020.05.31 登録日 2020.05.13
5
恋愛 完結 短編
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。  グレイスは元々孤児だった。孤児院前に捨てられたことで、何とか命を繋ぎ止めることができたが、孤児院の責任者は、領主の補助金を着服していた。人数によって助成金が支払われるため、餓死はさせないが、ギリギリの食糧で、最低限の生活をしていた。だがそこに、正義感に溢れる領主の若様が視察にやってきた。孤児達は救われた。その時からグレイスは若様に恋焦がれていた。だが、幸か不幸か、グレイスには並外れた魔力があった。しかも魔窟を封印する事のできる聖なる魔力だった。グレイスは領主シーモア公爵家に養女に迎えられた。義妹として若様と一緒に暮らせるようになったが、絶対に結ばれることのない義兄妹の関係になってしまった。グレイスは密かに恋する義兄のために厳しい訓練に耐え、封印を護る聖女となった。義兄にためになると言われ、王太子との婚約も泣く泣く受けた。だが、その結果は、公明正大ゆえに疎まれた義兄の追放だった。ブチ切れた聖女グレイスは封印を放り出して義兄についていくことにした。
24hポイント 163pt
小説 5,037 位 / 77,433件 恋愛 2,182 位 / 20,430件
文字数 15,019 最終更新日 2020.06.03 登録日 2020.05.21
5