大河小説小説一覧

タグ 大河小説×
3
戸次道雪。その娘、立花誾(ギン)千代。 高橋紹運。その子、高橋彌七郎統虎……後の立花宗茂。 そして彼らを支えし安東、由布、十時、小野、薦野、米多比たち家臣団。 この物語は、激動の戦国時代で誰もが自身の利益と保身に走り、多大の恩がある主君をも見限り裏切ってしまえる下克上がまかり通る乱世に在りて、己の『義』を貫き通し、受け継いできた者たちの、義なる物語である。
24hポイント 21pt
小説 14,568 位 / 87,497件 歴史・時代 151 位 / 1,068件
文字数 86,129 最終更新日 2020.10.22 登録日 2016.07.28
 こちらは現在掲載中の『光の聖戦士〜夢幻世界の秘跡と現れた助言者』の世界観についてのページになります。  独自の世界通貨や舞台となるグリスダム大陸の大陸地図、国別紋章、聖霊信仰について…などなど、本編進行に合わせて細々した部分を作成画像と共に随時アップしていく予定です。 なんとなく興味ある方もぜひご覧ください… ※10月25日より本編はカクヨムに移動いたします。
24hポイント 0pt
小説 87,497 位 / 87,497件 ファンタジー 24,809 位 / 24,809件
文字数 666 最終更新日 2020.10.21 登録日 2020.10.11
ハノーファ朝成立とともにイングランドを簒奪したハッペンハイム家。 植民地からの莫大な財は、産業革命をもたらした。 傀儡ジョージ2世の崩御を機に、次代の王はユダヤ勢力から距離を 置こうとしていた。 生産をすべて禁じられていたが故に、ユダヤ貧民から主要財産である 小さな宝石が何者かの襲撃により収奪されていた。 しかし、ユダヤ宝石カルテルはその証左どころか五里霧中であった。 弱冠15歳にして公女シオンの接待を任されたのちに金融帝国を創立する 田舎者の青年ハイヤーハムシェルは、とあるきっかけで事件の 糸口を見出す。 奪われた宝石は鑑定されないルート、すなわち貧乏人の銀行「懐中時計」 の部品として質屋で捌かれていた。
24hポイント 0pt
小説 87,497 位 / 87,497件 歴史・時代 1,068 位 / 1,068件
文字数 43,029 最終更新日 2019.12.21 登録日 2018.11.03
3