小説 一覧

タグ 宰相さんち×
3
1
恋愛 連載中 長編 R15
 同僚に呼ばれて駆けつけたら、うちの陛下とよその国の王妃様が魔法対決やってました。  ──えっ、これ僕が止めるの? 引きこもり気味ヘタレ侍従と色々吹き飛ばしたい王妃の話。  滞在中の自分の護衛に皇帝侍従のザイを、と王妃が望むと、皇帝は快く王妃の希望を通した。もしかしなくても僕外堀埋められつつある?  すっかり忘れていた幼馴染の姫との再会が、ザイの運命をゆっくり、しかし大きく変えていく。 ゆるふわ設定 話の展開はゆっくりです。 前作短編「宰相さんちの犬はちょっと大きい」のザイが主人公です。短編は読まなくても本編に支障はありません。  ※ ・短編【完結】「宰相さんちの犬はちょっと大きい」:トラン(後の侍従筆頭)が主人公。ザイの両親に砂を吐く話。 ・長編?「宰相さんちの犬はちょっと大きい─契約編─」(R15):若い頃の宰相夫人シファとシロたちの契約の話。生前のカイルもチラッと出ます。 ・長編「元皇女が出戻りしたら、僕が婚約者候補になるそうです」(R15):ザイが主人公。 以上三編はそれぞれ独立した話として読めますが、よかったら合わせてお楽しみください。
24hポイント 397pt
小説 1,915 位 / 40,992件 恋愛 778 位 / 10,002件
文字数 51,210 最終更新日 2019.02.16 登録日 2019.01.26
2
恋愛 連載中 長編 R15
 召喚術師としての才はあると言われていた。しかし、シファは、精霊についてよく知らないままでいた。  兄弟子のカイルは契約精霊が居る。どうも精霊によってそれぞれではないか、とカイルは言う。自分の契約している精霊のこと以外は、分からないという。  普段ならそんな不確かなことに手を出したりしないシファであったが、「だって暇だから」と自身に言い訳しながら精霊との契約を求めて魔山にやってきた。  魔物との余計な戦闘を避けるため、自分の気配を閉じて進む。あっという間に九合目に到達したシファは、そろそろいいか、と自分にかけた魔封じの結界を解く。すると、山全体が、ざわり、と蠢くのがか感じられた。  現れたのは大きな竜で、シファと契約したいと言う。ある事情から丁重にお断りするシファだったが、竜王さまは食い下がってくる。  あら? 精霊ってこんなだったかしら?  ※ 「宰相さんちの犬はちょっと大きい」に出てきたシロたちと、宰相夫人シファの出会いの話。「元皇女が出戻りしたら、僕が夫候補になるそうです」の生前のカイルもチラッと出ます。  直接的な描写はありませんが、こちらは一応R15といたします。  超気まぐれ不定期更新です。たまーに、のぞいてやって下さい。  ※ ・短編【完結】「宰相さんちの犬はちょっと大きい」:トラン(後の侍従筆頭)が主人公。 ・長編?「宰相さんちの犬はちょっと大きい─契約編─」(R15):シファが主人公。 ・長編「元皇女が出戻りしたら、僕が婚約者候補になるそうです」(R15):シファの息子ザイが主人公。宰相夫人になったシファも出ます。 以上はそれぞれ独立した話として読めますが、よかったら合わせてお楽しみください。 ※ カクヨムにも投稿してみました
24hポイント 269pt
小説 2,558 位 / 40,992件 恋愛 1,006 位 / 10,002件
文字数 11,340 最終更新日 2019.02.16 登録日 2019.01.31
最近親しくなった同僚が言いました。 「僕んち、遊びに来る?」 犬飼っててねー、と言うのを聞いて、行くって言いかけて、ふと思い出しました。 ──君ん家って、天下の宰相邸、ですよね? 同僚の家に犬を見に行ったら、砂を吐きそうになった話。  ※ 宰相さんちの犬たちはちょっと大きくてちょっと変わっている普通の犬だそうです。  ※ はじめまして、すみよしといいます。 よろしくお願いします。  ※ ・短編【完結】「宰相さんちの犬はちょっと大きい」:トランが主人公。 ・長編?「宰相さんちの犬はちょっと大きい─契約編─」(R15):若い頃の宰相夫人シファと、シロたちの契約の話。「元皇女が出戻りしたら…」の生前のカイルもチラッと出ます。 ・長編「元皇女が出戻りしたら、僕が婚約者候補になるそうです」(R15):ザイが主人公。侍従筆頭になったトランや、宰相夫妻も出ます。 以上三編はそれぞれ独立した話として読めますが、よかったら合わせてお楽しみください。  ※ カクヨムにも投稿してみました
24hポイント 56pt
小説 5,739 位 / 40,992件 恋愛 2,208 位 / 10,002件
文字数 9,495 最終更新日 2019.01.24 登録日 2018.12.26
3