リンクする世界観小説一覧

タグ リンクする世界観×
7
1
ホラー 完結 長編 R18
彼女の名前はタガアキコ。 彼女は生まれも育ちも東北の地方都市で、どこにでもいるような普通の人間だった。そんな彼女に不意に降り落ちる、マトモに暮らしているなら表には決して現れない世界との交わり。それは当たり前の子供だったはずのアキコに襲いかかり、次第に彼女の生活を蝕んでいく。 それに呑み込まれ変容していく、これはその彼女の物語。 性的な表現を含むことが多くなっていますのでR指定です。特に性的な表現や暴力的な表現を含むモノには★マークがついています。
24hポイント 298pt
小説 2,481 位 / 57,395件 ホラー 27 位 / 2,120件
文字数 694,020 最終更新日 2019.09.14 登録日 2019.05.15
平凡な瀬戸遥の平凡だったけど普通ではなかった子供時代の記憶。でも、それは思い出にしか過ぎなかったはずだった。 大人になり社会人として生活を営む遥に、いつの間にか忍び寄っていた非現実の世界。遥自身がそれに気がついた時、自分の中にある何かが夜の闇の中で動き出していた。 一部性的な描写が激しくみられる場合があります。ご了承の上お読みください。
24hポイント 170pt
小説 3,719 位 / 57,395件 ミステリー 46 位 / 1,483件
文字数 265,993 最終更新日 2018.03.25 登録日 2018.02.18
3
BL 連載中 長編 R18
鮮明な月のようなあの人のことを、幼い頃からひたすらに思い続けていた。叶わないと知りながら、それでもただひたすらに密やかに思い続ける源川仁聖。叶わないのは当然だ、鮮明な月のようなあの人は、自分と同じ男性なのだから。 彼を思いながら、他の人間で代用し続ける矛盾に耐えきれなくなっていく。そんな時ふと鮮明な月のような彼に、手が届きそうな気がした。 第九章以降は鮮明な月の後日談 月のような彼に源川仁聖の手が届いてからの物語。 基本的にはエッチ多目です。 読む際にはご注意下さい。 間章は他キャラ主体の事もあります。間章は更にエッチ多目です。特に外崎宏太×成田了は主人公チームより割り増しです。すみません。
24hポイント 170pt
小説 3,719 位 / 57,395件 BL 521 位 / 4,725件
文字数 1,591,186 最終更新日 2019.10.09 登録日 2018.07.08
上原秋奈。 それが今の私の名前。上原秋奈なんて平凡で有りがちな名前だけど、それがいい。誰かの心に残ってもたいした大きな思い出にはならなそうだから。 私と外崎宏太、そして風間祥太 出会わなかったら、何も起こらなかった。 でも、運命の悪戯で私は宏太に出会って、祥太とも会ってしまった。
24hポイント 42pt
小説 8,005 位 / 57,395件 ミステリー 97 位 / 1,483件
文字数 664,255 最終更新日 2019.04.13 登録日 2018.11.24
5
恋愛 連載中 長編 R15
普通の女子高生の宮井麻希子。 出版社に勤める麻希子の従兄の宇野智雪。 5月のある日、麻希子の何も変哲のない日常が新しい出会いで少しずつ変わり始める。なんの変哲もない日常が、実は鮮やかな花のような日々だと気がついた麻希子の一時の物語。 表題の花はその日の誕生日の花となっております。一応重複をしないため、一般的でない物も色違い等も含まれております。文内には、その花の花言葉が必ず含まれております。それほどキツイ描写はないのですが、性的なものを匂わせる部分はありますのでR指定をかけております。
24hポイント 28pt
小説 9,919 位 / 57,395件 恋愛 3,579 位 / 13,699件
文字数 1,591,376 最終更新日 2019.09.22 登録日 2018.03.09
6
ホラー 連載中 ショートショート R18
とある都市。 人の溢れる街の下で起こる不可思議で、時に忌まわしい時に幸いな出来事の数々。 多くの人間が無意識に避けて通る筈の出来事に、間違って足を踏み入れてしまった時、その人間はどうするのだろうか? 多くの人間が気がつかずに過ぎる出来事に、気がついた時人間はどうするのだろうか?それが、どうしても避けられない時何が起こったのか。 忌憚は忌み嫌い避けて通る事。 奇譚は奇妙な出来事を綴ると言う事。 そんな話がとある喫茶店のマスターの元に集まるという。客足がフッと途絶えた時に居合わせると、彼は思い出したように口を開く。それは忌憚を語る奇譚の始まりだった。
24hポイント 0pt
小説 57,395 位 / 57,395件 ホラー 2,120 位 / 2,120件
文字数 473,085 最終更新日 2019.09.15 登録日 2018.04.25
7
ホラー 完結 長編 R15
時に牙を向く天災の存在でもあり、時には生物を助け生かし守る恵みの天候のような、そんな理を超えたモノが世界の中に、直ぐ触れられる程近くに確かに存在している。もしも、天候に意志があるとしたら、天災も恵みも意思の元に与えられるのだとしたら、この世界はどうなるのだろう。ある限られた人にはそれは運命として与えられ、時に残酷なまでに冷淡な仕打ちであり時に恩恵となり語り継がれる事となる。 ゲートキーパーって知ってる? 少女が問いかける言葉に耳を傾けると、その先には非日常への扉が音もなく口を開けて待っている。
24hポイント 0pt
小説 57,395 位 / 57,395件 ホラー 2,120 位 / 2,120件
文字数 1,059,403 最終更新日 2019.09.13 登録日 2018.06.30
7