黒船小説一覧

タグ 黒船×
4
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。  幕末の高須四兄弟と呼ばれる、尾張徳川家十四代十七代藩主徳川慶勝・美濃国高須藩十一代藩主・尾張藩十五代藩主・一橋徳川家十代当主徳川茂徳、陸奥国会津藩九代藩主松平容保、伊勢国桑名藩・定綱系久松松平家十三代当主松平定敬。  だが彼らではなく夭折した長男・源之助にウェブ小説家が転生し、日本の幕末を自分が書いた小説のように変えようとする物語
24hポイント 327pt
小説 3,271 位 / 80,582件 ファンタジー 818 位 / 23,161件
文字数 67,763 最終更新日 2020.08.15 登録日 2020.08.05
「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。 尾張徳川家(尾張藩)の第14代・第17代当主の徳川慶勝が、美濃高須藩主・松平義建の次男・秀之助ではなく、夭折した長男・源之助が継いでおり、彼が攘夷派の名君となっていた場合の仮想戦記を書いてみました。夭折した兄弟が活躍します。尾張徳川家15代藩主・徳川茂徳、会津藩主・松平容保、桑名藩主・松平定敬、特に会津藩主・松平容保と会津藩士にリベンジしてもらいます。
24hポイント 106pt
小説 6,918 位 / 80,582件 歴史・時代 62 位 / 1,092件
文字数 64,349 最終更新日 2020.07.27 登録日 2020.05.30
3
歴史・時代 連載中 長編 R15
一八五三年七月(嘉永六年六月)浦賀沖に黒船が来航。 その指揮官は有名なペリー。教科書にも出てくる。 ペリーは禿でカツラを着用していた。これも歴史的事実である。 そして、そのカツラが奪われた! 幕末日本最強の男が黒船に単身殴りこみ。 ペリーのカツラを奪って行ったのだ。 幕府はこの緊急事態に大混乱。 米艦隊・黒船側からは、カツラを返さなければ江戸を砲撃すると宣言。 ヤバイ。すさまじく危機。 幕府は一人の男・鎖々木究を使者として出し、最強の忍者にカツラ奪還を依頼する。 だが、そいつはとんでもない女忍者だった…… 全裸で戦う。 しかも、鎖々木に全裸を見せつけているときこそ最強になるのだった。 スラップスティック幕末コメディです。 ※性描写はありますが、R15規定に従い全体の1/5未満になっています。
24hポイント 85pt
小説 7,764 位 / 80,582件 歴史・時代 71 位 / 1,092件
文字数 34,895 最終更新日 2020.06.19 登録日 2020.05.31
婆ちゃんが言ってたんだ 『悪い子は〝黒いお舟〟に連れて行かれるかも知れないよ』って 本当に〝黒いお舟〟が来るのなら どんな〝お舟〟か見てみたい・・・ 通夜の席上 集まる親戚と話す〝思い出話の中の船〟 婆ちゃんが言ってた〝黒いお舟〟 その真実とは・・・?
24hポイント 0pt
小説 80,582 位 / 80,582件 ライト文芸 3,670 位 / 3,670件
文字数 9,173 最終更新日 2020.07.29 登録日 2020.06.30
4