真麻一花

真麻一花

真麻一花と書いて、「まあいっか」と読みます。 アイコンはりょおさんからいただきました。「時渡りの姫巫女」のヒロインです。小説家になろうさんから作品を転載中です。
24 12
恋愛 完結 短編 R15
リリーは王子から陥れられ、婚約を破棄された挙げ句魔物の森へと捨てられた。彼女を拾ったのはその森を支配する獣の王だった。 最初は怯えていたものの、いつしか彼女は恐ろしい獣の王を愛した。 って思ったら、愛の力で呪いが解けた? はぁ? 人間!? 聞いてないんですけど!? 惚れた獣人が人間に戻って愕然とするヒロインと、それ見て愕然とする元獣人の話です(たぶん)
24hポイント 0pt
小説 120,491 位 / 120,491件 恋愛 35,414 位 / 35,414件
文字数 32,379 最終更新日 2021.07.26 登録日 2021.07.16
恋愛 完結 短編 R15
私は十歳の時、獣が支配する世界へと落ちてきた。 狼の群れに襲われたところに現れたのは、一頭の巨大な狼。そのとき私は、殺されるのを覚悟した。 私を拾ったのは、獣人らしくないのに町を支配する最強の獣人だった。 なんとか生きてる。 でも、この世界で、私は最低辺の弱者。
24hポイント 7pt
小説 28,243 位 / 120,491件 恋愛 11,755 位 / 35,414件
文字数 63,448 最終更新日 2021.03.25 登録日 2021.03.06
美しい姫君が恋したのは、呪われた白竜だった。 呪いを解く方法、それは、白竜が愛した者の死。 白竜は愛した者が死ぬことなど願わない。 それは解くことの叶わぬ残酷な呪い。
24hポイント 0pt
小説 120,491 位 / 120,491件 恋愛 35,414 位 / 35,414件
文字数 42,696 最終更新日 2021.02.26 登録日 2021.01.30
異世界へ聖女として召喚された私。 家族から引き離されて辛い時、王子と彼の側近たちがそばにいて私を支えてくれた。みんなが好きって言ってくれたけど、よくわからない。でも一番そばで支えてくれた王子様に求婚されて……。 それは、浮かれきっていた私が現実を知る前の、話。
24hポイント 14pt
小説 23,773 位 / 120,491件 恋愛 9,750 位 / 35,414件
文字数 21,737 最終更新日 2021.02.24 登録日 2021.01.29
「わたくしと、結婚して下さいませんか?」 アルミナがそう声をかけたのは、いかにも浮浪者じみた、薄汚れた男だった。
24hポイント 0pt
小説 120,491 位 / 120,491件 恋愛 35,414 位 / 35,414件
文字数 35,691 最終更新日 2021.02.23 登録日 2021.01.30
キャラ文芸 完結 ショートショート
君は、僕をイライラさせる。
24hポイント 42pt
小説 14,260 位 / 120,491件 キャラ文芸 142 位 / 2,784件
文字数 3,895 最終更新日 2021.01.05 登録日 2021.01.05
児童書・童話 完結 ショートショート
野獣は魔の森で静かに暮らしていた。そこへ村人に追いかけられた娘が迷い込んできた。野獣は娘を助けたのだが…… 村人から虐げられて魔の森に逃げ込んだ少女と、人間から恐れられ、ひっそりと穏やかに暮らす野獣の、交流と、悲しい結末の話。 本編:童話風味(1話完結) こぼればなし:本編では描かなかった部分を含む物語(暴力要素でPG12ぐらい)
24hポイント 0pt
小説 120,491 位 / 120,491件 児童書・童話 2,104 位 / 2,104件
文字数 23,185 最終更新日 2020.12.09 登録日 2020.11.30
各国を旅する商隊で働くセアラは、国内最大の大商人オーブリー家の御曹司と出会う。彼は、幼い頃親戚から虐げられていたセアラに「助けてあげる」と言ってくれた大好きなお兄ちゃんで……。
24hポイント 42pt
小説 14,260 位 / 120,491件 恋愛 6,231 位 / 35,414件
文字数 52,715 最終更新日 2020.11.28 登録日 2020.11.15
大好きな彼に告白し続けて一ヶ月。 「好きです」「だが断る」相変わらず彼は素っ気ない。 でもめげない。嫌われてはいないと思っていたから。 だから鬱陶しいと邪険にされても気にせずアタックし続けた。 彼がほんとに私の事が嫌いだったと知るまでは……。嫌われていないなんて言うのは私の思い込みでしかなかった。
24hポイント 14pt
小説 23,773 位 / 120,491件 恋愛 9,750 位 / 35,414件
文字数 21,583 最終更新日 2020.11.08 登録日 2020.11.01
「海へ行きたい」 突然彼女は振り返ってそう言った。 10才年下の彼女の些細なわがままに、俺は付き合うことになった。 30目前にして、女子高校生に手を出すとか、ナシだろ? けれど、彼女はそんな大人の理性を試すように想いをぶつけてくる。 勘弁してくれ。 大人の余裕をぶっこくのも、そろそろ限界なんだけどな?
24hポイント 0pt
小説 120,491 位 / 120,491件 恋愛 35,414 位 / 35,414件
文字数 5,480 最終更新日 2020.10.28 登録日 2020.10.27
恋愛 完結 長編 R15
ぼうっとしていたら、ナンパされました。 え、ナンパじゃないですか? え、なんか、私、巻き込まれました? ていうか、お兄さん、かっこいいですね。ひぃ!そんな綺麗な顔を近づけないで!ていうか、何で私の肩を抱いているんですか! 出会ったお兄さんは、私好みのイケメンで、すごく強引な人でした。あなたと関わり合いになるの、今日だけですよね?!
24hポイント 7pt
小説 28,243 位 / 120,491件 恋愛 11,755 位 / 35,414件
文字数 27,620 最終更新日 2020.10.25 登録日 2020.10.17
自由にならない城の中で、黒騎士が迎えに来るのを夢見る、王女フリーシャ。 ある日、大好きな異母姉のマーシアが魔王にさらわれた。このままではマーシアは魔王の花嫁にされてしまう。身も心も魔物に変わって「氷の花嫁」となる。 フリーシャはマーシアを助けるために城を抜けだした。 陰謀も思惑も交差しない、壮大でもなければ緻密でもない、内容もスタンスもとても軽いファンタジー。 毎日更新予定。
24hポイント 0pt
小説 120,491 位 / 120,491件 ファンタジー 31,406 位 / 31,406件
文字数 91,946 最終更新日 2020.10.16 登録日 2020.08.12
毎週水曜日。バスを降りて海岸線を歩く。そして後ろから駆け抜けて行く二人乗りのバイクを待つ。 そしてあっけなく追い抜いて行く金髪の男子高校生の姿を見送る。 それが週に一度の楽しみだった。 落ち着いている女子高校生と、少しやんちゃ風な金髪の男子高校生の出会いの話。 小説家になろうにも投稿してあります。
24hポイント 0pt
小説 120,491 位 / 120,491件 青春 4,707 位 / 4,707件
文字数 21,431 最終更新日 2020.07.07 登録日 2020.06.30
あらゆる手段を持って男はその地位を作り上げてきた。 ちいさな託児所が今、その男の手に落ちようとしていた。 先代が残した何の益も生まない託児所を、男は当然のようにつぶそうとした。 園長はなすすべもなくため息を漏らす。 男は笑う。手はすべて打った。後は待つのみ。 そして機嫌よく酔いつぶれた男が泊まったホテルは……
24hポイント 0pt
小説 120,491 位 / 120,491件 大衆娯楽 4,284 位 / 4,284件
文字数 4,969 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.06.30
リィナは村の祭りで、主役である「姫巫女」役に選ばれた。舞の相手は騎士として活躍しているヴォルフ。  あこがれの彼との舞を喜んでいたのもつかの間、リィナは本物の姫巫女へと祭り上げられ神殿に囚われる事となる。  嘆く彼女に救いの手を差し伸べたのは、出会ったばかりの騎士、ヴォルフだった。 (表紙絵は、りょおさんからいただきました)
24hポイント 7pt
小説 28,243 位 / 120,491件 恋愛 11,755 位 / 35,414件
文字数 287,284 最終更新日 2020.06.12 登録日 2020.03.19
『闇夜の海には、明かりが灯るよ。愛しい人を捜す、明かりが灯る』 淘汰の住む町にはそんな昔話があった。 淘汰は向かう。 闇夜の海に、あかりを灯すために。 幼い日に交わした、何気ない約束を果たすために。 それは大切な友達を救う、ただ一筋の希望。 淘汰は闇夜に沈んだ海を見つめた。何も見えない暗闇がどこまでも続く。 脳裏にあの時のことが鮮明に思い出された。 親友は、この波音と共に、この暗闇の向こうに消えてしまった。 この暗闇の向こうに巽はいる。 淘汰は見えないその闇の向こうを見つめる。 「絶対に灯してみせる!」 そう叫んだ、幼かった自分のあの日の誓い。 それを、果たすために。
24hポイント 0pt
小説 120,491 位 / 120,491件 ライト文芸 5,046 位 / 5,046件
文字数 33,957 最終更新日 2020.05.10 登録日 2020.04.28
あの時、一面が薄桃色に染まった。  吹き抜けてゆく風は桜並木を揺らし、雪のように花が舞う。  薄桃色に彩られた春の雪――……。  切なくなるような既視感が切ない痛みを伴って胸をよぎる。  透哉は卒業式の日、桜吹雪の中にたたずむクラスメートに目を奪われた。  三年間まともに話した事もない彼女に、覚えのない懐かしさがこみ上げる。  彼女と話したい。けれど、卒業式のこの日が、彼女と話せる最後の機会……。  桜舞い散る木の下で、今度こそ、君と出会う――
24hポイント 0pt
小説 120,491 位 / 120,491件 ライト文芸 5,046 位 / 5,046件
文字数 7,324 最終更新日 2020.05.02 登録日 2020.04.30
懐かしい海岸に私は向かう。 あの別世界への扉がある、その場所へ。 いつか、私はあの扉の向こうに行けるだろうか。
24hポイント 0pt
小説 120,491 位 / 120,491件 ライト文芸 5,046 位 / 5,046件
文字数 6,557 最終更新日 2020.05.01 登録日 2020.04.29
婚約破棄を宣言された少女は、原因となった女とそれを取り巻く婚約者達を見つめながら、なぜこんな事になったのかを思い返していた。
24hポイント 7pt
小説 28,243 位 / 120,491件 恋愛 11,755 位 / 35,414件
文字数 13,139 最終更新日 2020.03.18 登録日 2020.03.13
恋愛 完結 長編 R15
キスは挨拶、セックスは遊び……。 そんな男の行動一つに、泣いて浮かれて、バカみたい。 実咲は付き合っている彼の浮気を見てしまった。 もう別れるしかない、そう覚悟を決めるが、雅貴を好きな気持ちが実咲の決心を揺るがせる。 こんな男に振り回されたくない。 別れを切り出した実咲に、雅貴の返した反応は、意外な物だった。 小説家になろうにも投稿してあります。
24hポイント 56pt
小説 12,231 位 / 120,491件 恋愛 5,416 位 / 35,414件
文字数 141,888 最終更新日 2020.03.12 登録日 2020.01.20
24 12