お互いの距離は特殊な事情によりこんな感じなんです。

黒羽 風斗

僕はずっと母さんとの二人暮らしで、二人家族だった。
お父さんと言える人がどんな人なのかは知らない。
寂しい時もあったと思うけど、いつの間にかそうでもないって思い始めた。

ずっと近くにいた明石のおじさんがきっとお父さんだろうってそう思ってた。
そう思えたら寂しいどころじゃなくて、もしかしてお兄さんがいたりしてって。


大学生になり一人暮らしをして、就職して社会人になったら一人前の大人になれた気がして。

でもまだまだだったみたいだ。

親子の物語に飛び込んできた女の子。

教えられた物語。


大人の振りをした風斗にまつわる物語です。
24hポイント 0pt
小説 124,328 位 / 124,328件 恋愛 37,058 位 / 37,058件