どうも、どうあがいても死ぬ兄です

妹がやっていた乙女ゲーム『禁断のロザリオ』は、記憶喪失のヒロインが吸血鬼が跋扈する世界でエクソシストに拾われるというゴシックホラーファンタジーだ。
ヒロインには実は瓜二つの兄がいるのだが、ヒロインのエンディングを問わずに死ぬという。
え、ひどくない? 妹を身を挺して守る兄が、妹の人生になんの関与もできないまま死ぬってひどくない?

そう思って気付いたら、血だまりの中で女装して気絶していた……。
どうあがいても死ぬ兄になってるじゃん、俺!?

妹の幸せは願っているけど関わったら死ぬとガクガク震え、部下のメイドの物騒さにガクガク脅え、とりあえず治安維持は重要だよねと領地の面倒を見ながら、なんとかして死ぬ運命を回避します。
……エクソシストに討伐されるようなことさえしなかったら、大丈夫だよね、多分。

サイトより転載になります。
小説家になろう、エブリスタにも掲載しています。
24hポイント 21pt
小説 18,791 位 / 125,582件 ファンタジー 3,334 位 / 32,312件