妹が些細な事で欲情するから困る

 おれの妹は些細な事で欲情する。
 このあいだなんか、目玉焼きを作ろうとして割った玉子が双子だったと言って欲情していた。
 おれには二黄卵のエロさが全くわからないのだが、久瑠葉にはクリーンヒットしたらしい。
 あのときは静めるのに苦労した……。

 そんな変わった妹、古倉 久瑠葉(ふるくら くるは)にとって、日常のあらゆるところに性的刺激があり、久瑠葉の脳内はエロ汚染が刻々と進んでいる。

 これは、妹の久瑠葉と、ごく普通の兄であるおれ、古倉 悠飛(ゆうひ)との平凡な日常を描いた物語である。
 

/
R18です。
下ネタ及び性的描写が含まれています。苦手な方はご注意ください。
(グロい描写を描く予定はありません)
作中の登場人物は全て18歳以上です。高校に通っていようと回想シーンだろうと、いついかなる時も全て18歳以上です。
 
 
24hポイント 21pt
小説 14,247 位 / 87,351件 恋愛 5,982 位 / 23,075件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!