所詮俺は、彼女たちの性の踏み台だった。

「私が童貞を卒業させてあげる」
 同じサークルの美女・星野恭子にそう声を掛けられたのは、菅原大輔。【年齢=彼女いない歴】の大学一年生。半信半疑で彼女の家について行った大輔は、予告通り筆下ろしをしてもらうのだが……。
*第二章以降は、社会人となった大輔の女性遍歴が続きます。

*あとがきエッセイ『迷えるHな子羊たちよ』、アルファポリスで公開中です。

*性表現が強めの場面があります(該当話には「*」記載)。

*拙作恋愛小説『土曜の夜に、また来ます。』(R18)のスピンオフ作品ですが、未読でも全く問題なくお読み頂けます。

『迷えるHな子羊たちよ』
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/381486758/71338078

『土曜の夜に、また来ます。』
 https://www.alphapolis.co.jp/novel/381486758/416260298
24hポイント 63pt
小説 9,513 位 / 99,350件 恋愛 4,369 位 / 27,636件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

迷えるHな子羊たちよ

エッセイ・ノンフィクション / 完結 24h.ポイント:142pt お気に入り:8

旦那が浮気したので、異世界に浮気することにしました。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:14pt お気に入り:22

大団円EDの作り方 if R18

恋愛 / 完結 24h.ポイント:49pt お気に入り:199

土曜の夜に、また来ます。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:63pt お気に入り:220