【R18】氷の悪女の契約結婚~愛さない宣言されましたが、すぐに出て行って差し上げますのでご安心下さい

老侯爵の愛人と噂され、『氷の悪女』と呼ばれるヒロインと結婚する羽目に陥ったヒーローが、「爵位と資産の為に結婚はするが、お前みたいな穢らわしい女に手は出さない。恋人がいて、その女を実質の妻として扱うからお前は出ていけ」と宣言して冷たくするが、色々あってヒロインの真実の姿に気付いてごめんなさいするお話。他のサイトにも投稿しております。R18描写ノーカット版です。
24h.ポイント 262pt
555
小説 4,797 位 / 187,461件 恋愛 2,124 位 / 56,776件

あなたにおすすめの小説

婚約破棄された悪役令嬢は童貞公爵様の恋愛指南役となる

晴 菜葉
恋愛
 ヴィンセント伯爵令嬢マーレイは、華やかな美人ゆえにお高くとまっており、男遊びが激しいと人々から誤解を受けているが、勝気な性格ばかりが表立つものの、実は繊細な心を持つ初心な乙女だ。  ある日、婚約者であるバルモアから婚約破棄を宣告される。  婚約破棄の理由は、マーレイからの冷酷な仕打ちの数々とのこと。  全く身に覚えのないマーレイだが、実はバルモアにはフローレンスという愛人がおり、彼女を妻に迎えようと画策していたのだ。  社交界ですっかり笑われ者となったマーレイは、悲しみを隠して気丈に振る舞う。  そんなとき、シェカール公爵サーフェスから極秘裏に呼び出された。  この呼び出しを契機に公爵に見初められたなら、娘の起死回生、汚名返上になると踏んだ父は喜んで承諾し、マーレイは彼の屋敷へと赴いた。  サーフェスは命じた。 「童貞の私に恋愛指南してくれ」と。  仮面舞踏会で運命の出会いとやらをした「かすみ草の淑女」なるレディに求婚するために。  だが、その「かすみ草の淑女」こそ、正体を隠したマーレイだった。   R18には※をしています。

人妻の喘ぎ声

青山
恋愛
家庭教師の僕は自分の生徒の母親に恋をした。やがてふたりは背徳感の狭間に堕ちていく...

選ばれなかった王女は、手紙を残して消えることにした。

曽根原ツタ
恋愛
「お姉様、私はヴィンス様と愛し合っているの。だから邪魔者は――消えてくれない?」 「分かったわ」 「えっ……」 男が生まれない王家の第一王女ノルティマは、次の女王になるべく全てを犠牲にして教育を受けていた。 毎日奴隷のように働かされた挙句、将来王配として彼女を支えるはずだった婚約者ヴィンスは──妹と想いあっていた。 裏切りを知ったノルティマは、手紙を残して王宮を去ることに。 何もかも諦めて、崖から湖に飛び降りたとき──救いの手を差し伸べる男が現れて……?

【恋なんかじゃない】~超モテるイケメンに誘われて一夜限りでもと思ったのに、なぜか甘い恋になって溺愛されるお話。

悠里
BL
恋が面倒な遊び人のイケメン玲央×恋愛未経験の穏やかな子の優月。 色々違いすぎる2人が、とにかく一緒に居たくて絡みながら、イチャイチャしております(^^)  ちょっとずつ色々成長もしていきます。 ※ただただ、好きな幸せ世界を楽しく書いてます♡ ご一緒にほのぼの楽しんで頂けたら嬉しいです。 お気にいり登録&感想を頂けると更新気力upします(*'ω'*)♡ 匿名がよろしければ、Twitterのマシュマロから♡ 頂けると嬉しいです♡ モロツヨシさまの「人間(男)メーカー(仮)」で、キャラのイメージを作らせて頂きました。

護衛騎士をやめたら軟禁されました。

海野クラゲ
BL
 護衛騎士である【ルドルフ】は子爵の後継者であり麗しき美貌の持ち主である【アーロ】に想いを寄せてしまう。  けれども男であり護衛騎士の身分である為、それに耐えきれず逃げるかのように護衛騎士を退職することに。  しかしアーロによって塔に軟禁されてしまう。 メンヘラ攻め×歳上受けです。ほぼエロですがご了承ください。

【完結】二度目の人生に貴方は要らない

miniko
恋愛
成金子爵家の令嬢だった私は、問題のある侯爵家の嫡男と、無理矢理婚約させられた。 その後、結婚するも、夫は本邸に愛人を連れ込み、私は別邸でひっそりと暮らす事に。 結婚から約4年後。 数える程しか会ったことの無い夫に、婚姻無効の手続きをしたと手紙で伝えた。 すると、別邸に押しかけて来た夫と口論になり、階段から突き落とされてしまう。 ああ、死んだ・・・と思ったのも束の間。 目を覚ますと、子爵家の自室のベッドの上。 鏡を覗けば、少し幼い自分の姿。 なんと、夫と婚約をさせられる一ヵ月前まで時間が巻き戻ったのだ。 私は今度こそ、自分を殺したダメ男との結婚を回避しようと決意する。 ※架空の国のお話なので、実在する国の文化とは異なります。 ※感想欄は、ネタバレあり/なし の区分けをしておりません。ご了承下さい。

婚約者から婚約破棄をされて喜んだのに、どうも様子がおかしい

恋愛
婚約者には初恋の人がいる。 王太子リエトの婚約者ベルティーナ=アンナローロ公爵令嬢は、呼び出された先で婚約破棄を告げられた。婚約者の隣には、家族や婚約者が常に可愛いと口にする従妹がいて。次の婚約者は従妹になると。 待ちに待った婚約破棄を喜んでいると思われる訳にもいかず、冷静に、でも笑顔は忘れずに二人の幸せを願ってあっさりと従者と部屋を出た。 婚約破棄をされた件で父に勘当されるか、何処かの貴族の後妻にされるか待っていても一向に婚約破棄の話をされない。また、婚約破棄をしたのに何故か王太子から呼び出しの声が掛かる。 従者を連れてさっさと家を出たいべルティーナと従者のせいで拗らせまくったリエトの話。 ※なろうさんにも公開しています。 ※短編→長編に変更しました(2023.7.19)

クリトリスがカーストな学園もの

おりん
恋愛
クリトリスの感度でカースト制を敷いてる学園のご令嬢とか。