センパイとは恋しませんっ!

 高校一年生の小峰 雫は、生徒会長の明るい高橋先輩が大好き。
 目に留めてもらうためにわざと遅刻をしそうになったり落し物をしたり、それはもう必死。
 自分の気持ちを抑えるのに限界が来た雫はある日告白をするが、間違えての高橋先輩の親友の聖(ひじり)先輩にしてしまう。
 聖は雫の告白を何故かすんなりと受け入れ、お付き合いをする羽目に。間違えたとは言い出せないまま、聖の家にお邪魔することになってしまいーー?
 おバカな雫の恋の行方は。

☆アルファさんは初心者ですがよろしくお願いします(*´∀`)フジョッシーでも更新しています。
☆コメディ要素あり。拙い文章ですが、読者様に楽しんで頂きたいと思いながら書いています。暖かい目で見てくださると嬉しいです♡
☆今更自作の表紙が恥ずかしくなってしまったのでちょっと変えましたw
24hポイント 0pt
小説 143,862 位 / 143,862件 BL 16,423 位 / 16,423件