妹に婚約者を寝取られた悪役令嬢の言い分

「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。
ファンケン公爵家令嬢クラリスは、王太子アキーレヌの婚約者だった。将来国を支える王妃となるべき、寝食の時間すら削って帝王学を学んでいた。王太子が勉学から逃げ出せば逃げだすほど、クラリスヘの負担は大きくなっていった。努力に努力を重ねたクラリスに対して、妹のエレノアはひたすら女の魅力だけを磨き、ついに姉の婚約者を寝取り、婚約破棄を口にさせたのだ。
24hポイント 28pt
小説 21,874 位 / 140,701件 恋愛 10,525 位 / 43,597件