手の届く存在~Daughters~

二人の女神の間に生まれた娘は、悪魔の様な右腕と片翼、右目の刻印を持ちながら女神のオーラを纏っていた。
父は母のほかに八人の女と、それぞれに一人ずつの子を設け、それぞれがその環境に納得しているという異常な関係。
両親がかつて過ごした世界で生きることを決めた彼女は一人の少女と出会うが、彼女は過去のトラウマから友達付き合いを敬遠していた。
少女は家庭環境の歪みから彼女に友達以上のものを求める。
やがて彼女は少女に、友達としての助言、助力をすることになり、それがきっかけで少女が消えることのない傷を負い、自責の念に囚われてしまう。
彼女と少女の関係はどうなっていくのか。

彼女が持つ女神としての力を行使したりして、色々なことを解決していくローファンタジー小説です。
タイトルどおり、手の届く存在のアフターストーリーみたいなものですが、手の届く存在本編の指標になる様な部分もあったりします。
24hポイント 0pt
小説 68,143 位 / 68,143件 ファンタジー 20,658 位 / 20,658件