本当に心の闇は消えますか?

自分という存在は必要なのかと感じていた少年、この物語の主人公、中井優。
至って、普通の少年だった。
ただ、人間に興味がなかっただけだった。
偶然、隣りにいた田辺唯に振り回される。
彼女の行動は大胆だった。
そんな彼女は、優に文学部に入らないかと誘う。
そこには、色々な本や文字が並ぶ、まるで、異世界のような場所だった。
「どう?この部屋は。」
声にならない衝撃を感じた。
そして、彼女にも、顔には出さない心の闇を抱えていた。
そして二人は、とあることに気付く。

ありそうでなさそうな、学生生活の一部分を切り取った、有り得そうな世界へお連れしましよう。
24hポイント 0pt
小説 87,162 位 / 87,162件 恋愛 22,983 位 / 22,983件