廸子さん。

「廸子さん、とお呼びください!」

 屋上に立ち、今にも飛び降りようとしていた彼女はそこで自らを『廸子さん』と名乗る女子高生と出会う。
 ブラックセーラー服を見にまとった女子高生は、彼女に笑って尋ねる。

「お姉さんは、どんな死に方がいいですか?」

 とある夜更け。
 底無しの闇が地に這うそこで。
 彼女は、『廸子さん』に手を引かれて、屋上のふちに立つ──。


***

──その怪異は、自殺者の前に気まぐれに現れる。
お腹を空かせ、『食べ頃』を見極めながら、人間社会にひっそりと溶け込んで、獲物をじいと見守っている──。
24hポイント 0pt
小説 87,228 位 / 87,228件 ホラー 3,185 位 / 3,185件