愛した人を悪役にした俺は

誰よりも愛している人がいた。それは運がいいことに皇帝である俺の妻となった人物で、彼女もまた俺を愛してくれていたのがわかっていた。でも行き過ぎた愛はいつしか彼女への愛を疑うようになり、もっともっとと彼女は俺を愛しているんだと実感したくなって………不貞を働いた。

それに気づいてなんでと俺を責め立てた彼女はとても可愛くて、愛されている実感がわき、彼女には君だけを愛していると本心を告げながらその行為は次第にエスカレートすることになる。

それを後悔するのは彼女が俺の目の前で自殺しようとしてからだった。




【参考】死にたがりの悪妃は断罪される、はずだった………



こちらをお書きになった作者の計様から序盤話が似ることについて了承を得た上で書いております。私が参考にしているだけでそちらの作品との話に繋がりがないことをここに宣言します。
24hポイント 127pt
小説 8,602 位 / 149,101件 恋愛 3,961 位 / 46,921件