ファンタジー ヒロインチート小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ ヒロインチート×
6
1
ファンタジー 連載中 長編 R18
異世界に飛ばされた俺は、見知らぬ土地で2人の美麗な少女達に迎えられる。 彼女達は俺を勇者と呼び、また異世界に俺を飛ばしたのは私達だと言う。 そんな彼女達の目的は、俺の"精子"を貰うこと。 「魔物を倒すため勇者様、貴方の精子を私達にください」 どうやら、俺の精子には女性を強くする力があり、俺が射精さえすれば、この世界に存在するという魔物を簡単に倒すことが出来ちゃうらしい。 これって要するに、俺この世界じゃあ力を口実に女の子と一杯エッチが出来ちゃうってことじゃないか! それじゃあ、先ずは最初に会った彼女達とエッチなことをいっぱいしよう! 待っているのは、青春とエッチ、そして可愛い女の子達。 この世界で俺は、最大のハーレムを築き上げる! 基本、ストーリはエロシーンだけで構成していきます。 随所にコメディとかバトル、ユーモアも取り入れていくつもりです。 作者の遅筆と都合により投稿頻度は少ないと思います、すみません。 タイトルを変えました
24hポイント 433pt
小説 1,919 位 / 53,771件 ファンタジー 639 位 / 17,637件
文字数 103,794 最終更新日 2018.10.02 登録日 2018.09.05
これは狂気を操る女形の使い魔マリーと召喚術師見習い少年の物語。  マリーの能力はただ一つ、生物を狂気に陥れること。ちょっと陰湿な精神を操る能力を持つ式に振り回される少年のお話。  2017年4月15日 第4回オーバーラップ大賞で総評を頂きました! ・【辛辣なコメント大歓迎です!今後の糧といたします。】 ・単発の話が多めです、「○○←タイトル」についてだけのご感想もお待ちしております
24hポイント 28pt
小説 10,769 位 / 53,771件 ファンタジー 2,798 位 / 17,637件
文字数 66,746 最終更新日 2019.07.06 登録日 2019.06.06
 目が覚めると異世界にいた。そこで出会ったのは10歳から12歳くらいの女の子。だが彼女は3000年の時を生きる最強の吸血鬼だった。 力、富、名声――全てを手にしている幼女姿の吸血鬼は「血」よりも「知」を欲し、未知の存在である「日本人」に強い好奇心を抱く。 主人公は異世界のことが何もわからない状態で、吸血鬼は日本やその世界の技術や知識を欲した。 その利害は一致し、主人公は食客として彼女の国に迎え入れてもらえることになる。 だがこの時すでに、戦禍は音もなく忍び寄っていた……。 チートはおろか魔法も鬼道も使えない主人公が、仲間とともに知恵と頭脳そして胆力で切り開く異世界ファンタジー群像劇。
24hポイント 14pt
小説 14,840 位 / 53,771件 ファンタジー 3,748 位 / 17,637件
文字数 206,294 最終更新日 2018.09.07 登録日 2018.01.14
この世界には様々な伝説がある。 勇者と魔王の世界を賭けた戦い、わずか一代で大国を起こした転生者、世界一のダンジョンを創った魔族、女神と結ばれた村人、奴隷革命を起こした大貴族。 そのなかにこのような話がある。 〝“魔の森”には焔の化身が住んでいる。全てを焼き焦がすその“白焔妖仙”に近づくな〟 〝“氷鬼”は世界を旅してる。気に入った女を拐い、子供の肉が大好物。生きたいのなら身を隠せ〟 さて、様々な伝説を語ったがこれらの話はおおよそ ____事実である。
24hポイント 7pt
小説 17,413 位 / 53,771件 ファンタジー 4,878 位 / 17,637件
文字数 7,256 最終更新日 2019.07.14 登録日 2019.07.14
 黒、それは全てを拒絶する事しか出来ない孤独の色。  白、それは全てを許容する事しか出来ない空虚な色。  その二つが交わるとどうなるだろうか? 灰になるのか、はたまた交わる事自体出来ないのか。  これはそんな黒と白の物語、決して相容れないが似たもの同士な二つが交わる事で紡がれる、不思議な世界に住む二人の男女のお話。
24hポイント 0pt
小説 53,771 位 / 53,771件 ファンタジー 17,637 位 / 17,637件
文字数 28,076 最終更新日 2018.12.08 登録日 2018.01.21
 魔法世界「ルナシア」  赤の国の魔法騎士であり、魂すら燃やし尽くす古代魔法「煉獄」唯一の使い手である天才青年シルド。  青の国の魔法騎手であり、魂すら凍てつかせる古代魔法「氷壊」唯一の使い手である天才少女カレン。  二人は互いの国における最強の魔法師で、幾度に渡って魔法による激闘を繰り広げたライバル同士。  それが一般的な認識。だがこの二人にはとんでもない秘密が隠されていた。    「カレン、今日はシルドとイチャイチャしたい」  「なに言ってんだ、俺たちいつもイチャイチャしてるだろ」  シルドとカレン、実はこの二人は神様が呆れるほどの超バカップル。  離ればなれの遠距離恋愛(せいぜい三里程度)が辛かった二人はこっそりと国を抜け出し、辺境の地でスローライフを送っていたのだが、二人は世界最強の魔法師、周囲がただのバカップルでいさせてくれるわけもなく……  「で、それって燃える?」  「それって凍るの?」  この物語はどんなものでも燃やし尽くす男と、どんなものでも凍りつかせるロリ、そんな二人のちょっとおかしなイチャイチャスローライフ。 筆者のアルファポリスにおける初投稿。 本作品はなろうでも投稿しています。 週一に必ず一本は出しますが、曜日は不定期。 感想や誤字の指摘、ぜひお願いします。
24hポイント 0pt
小説 53,771 位 / 53,771件 ファンタジー 17,637 位 / 17,637件
文字数 17,259 最終更新日 2018.09.29 登録日 2018.08.08
6