ライト文芸 残酷な描写あり小説一覧

カテゴリ ライト文芸
タグ 残酷な描写あり×
7
1
ライト文芸 連載中 長編 R18
「6年1組、二瀬風太(フウタ)。わたしと違って元気で明るくて、運動が大得意。クラスのみんなと友達で、特に幼なじみの女の子とは兄妹のように仲が良く、いつも一緒にいる。そして……わたしの憧れの人」 「6年2組、戸木田美晴(ミハル)。おれと話したことも、会ったこともない。全然知らない、隣のクラスの地味な女子。読書が好きみたいだけど、運動は全くできないし、言葉さえ上手く話せない。だから、クラスに友達はいない。それどころか……」 体が入れ替わってしまった少年と少女が、誰よりも精一杯がんばる物語。
24hポイント 340pt
小説 3,256 位 / 96,748件 ライト文芸 34 位 / 3,948件
文字数 773,818 最終更新日 2020.12.20 登録日 2020.03.01
ここは東京郊外松平市にある商店街。 国会議員の重光幸太郎先生の地元である。 『篠原豆腐店』の次男坊である籐志朗は、久しぶりに実家がある商店街に帰って来た。買い物に出た先で落とし物を拾い、落とし物を渡そうと声をかけたのだが……。 国際警察官と特殊技能持ちの女性の話。 ★Rシーンはラストまで出てきません。 ★タイトルに★が付いているものはヒロイン視点です。 ★このお話は、鏡野ゆう様のお話である 『政治家の嫁は秘書様』https://www.alphapolis.co.jp/novel/210140744/354151981 に出てくる重光先生の地元の商店街のお話であり、 『青いヤツと特別国家公務員 - 希望が丘駅前商店街 -』https://www.alphapolis.co.jp/novel/210140744/363162418内の『閑話 安住、ウサギ耳女に出会う』 に出てくる白崎 暁里との話です。当然のことながら、鏡野ゆう様には許可をいただいております。他の住人に関しても其々許可をいただいてから書いています。 ★この物語はフィクションです。実在の人物及び団体等とは一切関係ありません。
24hポイント 142pt
小説 6,089 位 / 96,748件 ライト文芸 82 位 / 3,948件
文字数 79,163 最終更新日 2018.04.30 登録日 2017.12.17
アンデッド・ハンターを育成し、ネクロマンサーを敵とする聖ソール学園はエレインにとって牢獄のようだった。 ある日、自分を裏切って出て行った男の処刑命令が下り、学園の外に出るのだが…… 他サイトにて別名義で公開していた物を改稿しています。
24hポイント 28pt
小説 14,625 位 / 96,748件 ライト文芸 198 位 / 3,948件
文字数 61,581 最終更新日 2018.12.19 登録日 2018.12.08
4
ライト文芸 連載中 長編 R18
※冒頭に残酷描写があります。タグをご確認ください。 女性ばかりを狙った連続猟奇殺人事件。その犯人の自宅に踏み込んだ樋口刑事は、行方不明の少女、朝比奈菜緒の姿を探すが、そこに彼女の姿はなかった。部屋に残された大量の血痕は誰のものなのか。 大学2年の夏の終わり、佐伯ナオユキは凄惨な交通事故を目撃し、一人の少女を救助した。彼女の命を救う為に大量の血を提供した彼は、やがて彼女に惹かれていく。 これは、あるひとりの連続猟奇殺人犯が、その犯行に至るまでの物語。
24hポイント 28pt
小説 14,625 位 / 96,748件 ライト文芸 198 位 / 3,948件
文字数 42,827 最終更新日 2018.04.11 登録日 2018.03.31
5年前の梅雨の雨の日、澪は自ら命を棄てた。貴彦は今でも彼女を忘れられずにいた。 5年前、12歳の少年だった貴彦は、17歳の澪に淡い恋心を抱いていた。 歳月は過ぎ、当時の彼女と同じ歳を迎えた貴彦は、紫陽花を見詰めながら一人雨の交差点で澪を想う。 貴彦は、澪を失ったこの世界に、何も求めてはいなかった。欲する事すらない。彼女の居ないこの世界に何も見出だせないまま、ただ生きていた。 貴彦は、澪だけを望んでいた。 《物語には18歳未満の方には相応しくないような、グロテスクな描写や性的な描写が含まれます》
24hポイント 0pt
小説 96,748 位 / 96,748件 ライト文芸 3,948 位 / 3,948件
文字数 14,143 最終更新日 2020.06.25 登録日 2020.06.17
6
ライト文芸 完結 ショートショート R15
 都会の片隅のちょっと奥、華やかで薄暗い仕事に従事するエーコは同僚のサナから身の上話を聞かされる。  その語りは過去の思い出したくない記憶を刺激するもので……。  名を捨て昏い人生を進む女と、愛を理解できず壊れてしまった女の話……。  ※一、この物語はフィクションであり実在の人物・団体あるいは実際の事件とは一切関係ありません。人名、地名等が実在のものと符合した時、それは偶然の産物であることをご了承ください。  ※二、この物語はフィクションであり、作中の法制度は現実のものと齟齬がある可能性があります。  ※三、本作ではインモラルな表現が登場します。平気か否かは自身でよく考えてからお進みください。また、途中で気分を悪くした際は閲覧の中止を推奨します。
24hポイント 0pt
小説 96,748 位 / 96,748件 ライト文芸 3,948 位 / 3,948件
文字数 6,451 最終更新日 2020.06.14 登録日 2020.06.14
7
ライト文芸 連載中 短編 R15
人であらず、しかし人であれ。 誰かが遺した言葉だった気がする。 居なくなって逝った誰かの願いだった気がした。 僕達は利用される存在だ。 その言葉にはなんの意味もないのだろう。 ─────これは、世界の為に、人類の為に戦い続けた少年達の花束。 永遠に報われない短き命の花束を君に。 超人的異能力を付与され産み出される異端人類計画「ユーダリル」 人工的に作られた29人は通称『ウルの子』と呼ばれる特殊部隊として少ないながらも敵と拮抗していた。 彼らは人類を絶滅に追いやる外宇宙生命体を殲滅するべくして産み出された。 人のかたちをしながら人以上の力を持つために人からも理解されず短き命を燃やし続ける。 これは、ウルの子達の生きた物語。 ※主人公の変わる短編、中編集です
24hポイント 0pt
小説 96,748 位 / 96,748件 ライト文芸 3,948 位 / 3,948件
文字数 1,223 最終更新日 2019.02.22 登録日 2019.02.22
7