召使い小説一覧

タグ 召使い×
5
 捨て子のジュリアは、他の兄弟とは違いガリガリの発育不良だ。醜いアヒルの子と、からかわれて卑屈な性格になった。13歳で首都にメイドとして働きに出たジュリアは、精霊を見てぼんやりして首になるのを恐れて暮らす。そんな時、屋敷の若様が屋敷に帰って来てビックリする。「お前は精霊使いだ!」イオニア王国の伯爵令嬢だと言われても、ジュリアはなかなか信じられない。でも、祖国からお祖父様とお祖母様が迎えにきて……ハンサムな若様、チャーミングな王子様と別れて、内乱が続く祖国へ! 
24hポイント 49pt
小説 13,823 位 / 127,483件 ファンタジー 2,418 位 / 32,608件
文字数 209,828 最終更新日 2022.01.07 登録日 2019.08.05
2
恋愛 完結 短編
前世の想いを募らせながらも親の決めた第1王子との婚約パーティーに望んだララコスティは、悪役令嬢と罵られ婚約破棄されてしまう。その挙句に階段から突き落とされ記憶を失ってしまった。気がつけば召使いと言う奴隷階級に落ちぶれ、虐げられる日々を過ごすこととなる。しかし憧れの騎士や聖女に励まされながら奇跡的に記憶が蘇ってきた。 さて、このままでは済まさないわっ!!  ──と復讐に燃える。
24hポイント 35pt
小説 16,685 位 / 127,483件 恋愛 7,550 位 / 37,671件
文字数 27,822 最終更新日 2020.03.31 登録日 2020.03.07
3
恋愛 連載中 長編 R18
王太子殿下の召使いとして働くエレーナはある日、王太子付き近衛騎士として異動してきた絶世の美青年・リディオルと出会う。 美しい外見とは裏腹に騎士とは思えない素行の悪さに驚くも、リディオルの不器用な優しさに徐々に惹かれていく。 しかし彼には「虫の居所が悪くなると憂さ晴らしのために誰彼構わず女を抱く」という悪癖があり、偶然知ってしまったエレーナは本当かどうかリディオルに確かめると「そうだけど」と肯定した彼にその場で犯される。 素行も悪い上に女癖も悪いリディオルにはもう関わらない方がいい、そうわかっているのに、夜になると自分の脚は勝手に彼の元へ歩き出してしまい……..。 「毎晩飽きもせずによく来るな。そんなに俺に犯されてぇの?」 この世で最も美しいと謳われる騎士と、そんな騎士に毎夜犯されながらも健気に尽くす少女の物語。(激しい性描写がある話には✽を付けてます)
24hポイント 7pt
小説 29,043 位 / 127,483件 恋愛 12,716 位 / 37,671件
文字数 37,074 最終更新日 2021.08.02 登録日 2021.07.06
 オルニス。魔法を使用するのに、必要なもの。私のオルニスはまだいない。  トトリーブ国。魔法を使えない人はいないと言われているところだ。しかし、一人の少女は魔法を使えなかった。魔法を使用するにあたり、必要なものが現れていないからである。それは、オルニスと呼ばれる鳥であった。少女のオルニスはどこにいるのだろうか。
24hポイント 0pt
小説 127,483 位 / 127,483件 ファンタジー 32,608 位 / 32,608件
文字数 13,039 最終更新日 2021.03.08 登録日 2021.02.26
こんなのも理想の妹です。 会話のみで進めてみます。
24hポイント 0pt
小説 127,483 位 / 127,483件 恋愛 37,671 位 / 37,671件
文字数 519 最終更新日 2020.09.13 登録日 2019.08.06
5