チート勇者小説一覧

タグ チート勇者×
3
クラムディオ大陸に栄えたバーディオン王国は、存亡の危機を迎えていた。善神バーディナムの祝福により栄華を誇った王国に対し魔王ゼルディナクが魔族の軍を率いて攻め入ったのだ。 善神バーディナムの加護を受けたバーディオン王国の軍はこれを迎え撃ち、辛くも東の国境付近にまで押し返すことに成功した。 しかし、苛烈な戦闘により多くの戦士や魔法使いを喪い、戦局は辛うじて拮抗してはいたものの魔王軍を決定的に退けるには決め手を欠く状態にあった。もしこのままの状態が続くようであれば、魔族に比べてどうしても個々の力が劣る人間達は明らかに不利だった。 だがそんな中、奇跡が起こった。すべてを覆す<魔族殺し>の力を善神バーディナムにより与えられた勇者が現れたのである。 その勇者の名はドゥケ・ジェム・リトセ。彼の前ではいかなる魔族も無力だった。 これは、存亡の危機に瀕したバーディオン王国を救った勇者ドゥケの英雄譚である! って、ウソ。ウソだからね! 私はあいつを勇者とか世界を救う英雄だとか認めないんだから!! だってね、あいつ、本当に最低のヤツなんだよ!? 自分の力を鼻にかけて偉そうにするし傲慢だし、ほんっと鼻持ちならないとはこのことよ! なのにみんなはあいつのことを持ち上げてチヤホヤして、勇者だ英雄だって言ってるの。それがまたムカつく。 確かに強いのは強いと思うわよ。あいつの前じゃ<千人殺しの魔牛将>だって形無しだったし。だけどね、だからって品性とか品格とかはどうでもいいってわけじゃないでしょ!? 私の名前はシェリスタ・マティレ。バーディオン王国が誇る七騎士団の一つ、誉れ高き青菫(あおすみれ)騎士団の騎士よ! それなのにあのドゥケってヤツは、騎士でも戦士でもない、それどころか出自も定かじゃない孤児だったっていうじゃないの。それが何かの間違いで善神バーディナムの祝福を受けて<魔族殺し>っていう特殊なスキルを得て、<千人殺しの魔牛将>率いる魔族の軍を退けたってことで、もう、『救世主が現れた!』って大騒ぎよ。 だけどさ、あいつってホントにホントに最っ低なヤツなのよ! 特に女の子に目がなくて何人もはべらしてるんだから! あ~もう! 思い出すだけでムカつく!!
24hポイント 235pt
小説 5,072 位 / 92,080件 ファンタジー 1,072 位 / 25,613件
文字数 87,291 最終更新日 2021.01.25 登録日 2020.11.02
2
恋愛 完結 ショートショート
「ゆゆゆゆうしゃさま?どうしよ……ユナね、まだまほうもつかえないの………っ」 「ふぅ………勇者は弱いもの(幼女に限り)いじめはしない主義なんだ。それが例え魔王でもな」 「ふむ、それはいいことを聞きました。実は魔王陛下はこれ以上成長しません。勇者様、その意味わかりますね?」 「何それ、最高かよ。よし、俺は今日から魔王陛下に寝返るわ」 「あ、ありがとう………わた、し、よわいから、その……めいわくかけちゃうと……」 「迷惑はどんどんかけてくれていいですよ?魔王陛下を迷惑と言った奴にはこの元最強勇者が切り刻んでやりますから」 「ウワータノモシー」 「ありがとう……っ」 「この笑顔だけで世界一日で征服できそうだ」 「アーハイハイ」 こんな感じで歴代最強勇者と歴代最弱魔王と魔王側の宰相がなんだかんだ仲良く世界征服しちゃう話。ギャグ寄りです。
24hポイント 14pt
小説 21,180 位 / 92,080件 恋愛 8,517 位 / 25,051件
文字数 1,793 最終更新日 2020.05.29 登録日 2020.05.29
3
恋愛 連載中 長編 R15
高校1年の春、詩月 夜宵は異世界に召喚された。 …伝説の勇者として。 それから2年、魔王を討ち果たした夜宵は仲間に殺されてしまった。 魔王!私と復讐してくれない!? ノリの軽い創世の神に授けられた復活のスキルで、魔王と一緒に最強種族に転生☆ 人間、魔族、亜人に神々、世界中を巻き込んで、最強の元勇者と元魔王が人生やり直し! さあ、元々神々の住む島だったらしい魔王の領地の大改造をしようじゃないか! 復讐から始まる元勇者と元魔王の常識ガン無視の国作り、まぁ~ったりと始まります。 なろうでも連載中です。
24hポイント 0pt
小説 92,080 位 / 92,080件 恋愛 25,051 位 / 25,051件
文字数 143,726 最終更新日 2019.04.30 登録日 2016.07.29
3