高嶺の花小説一覧

タグ 高嶺の花×
6
1
恋愛 完結 短編 R15
「ルシアナ、今日も綺麗だね」 私、ルシアナ・ユーグレイシアの朝はこの一言に始まる。 侍従長を務める伯爵のお父様、その後継として遠縁から引き取られたお義兄様、優しく穏やかなお母様、侍女、そして王立学園に行けば、登校中から教室に入ってまで。 見てくれだけを褒められ続けた結果、私の心は荒み、荒廃し、内心やさぐれていた。 白銀の髪にアイスブルーの瞳、白くて大理石のように滑らかな肌に、細くて長い手脚とメリハリのある体。 暴飲暴食、夜更かしに偏食、何をやっても変わらないこの見た目。 いつしか私の見た目を褒める人は皆敵と思って無表情で過ごすようになれば高嶺の花ときた。 仕方がないので、笑顔で躱す癖もつけました。 そんな時、隣国からの留学生として第一王子が転校してきた。 彼はとても愛想が良く、万人に優しく、そして私にとっても救いの神だった。 「君、すっごく可愛くないね」 爽やかな笑顔で言われた言葉の裏には、彼の秘密があって……? ※感想については近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義にて掲載中です。
24hポイント 220pt
小説 4,779 位 / 99,419件 恋愛 2,262 位 / 27,665件
文字数 29,105 最終更新日 2021.03.08 登録日 2021.02.06
2
恋愛 連載中 長編 R18
 とある家電量販店の白物(生活家電)コーナー、美人でやり手の営業担当ミツキは人知れない悩みを抱えていた。  数年来の男友達にも言い出せない、ミツキの秘密、そしてその解決方法とは… (全43話+おまけ)  家電屋シリーズと並行した時間軸での話です。
24hポイント 42pt
小説 11,834 位 / 99,419件 恋愛 5,351 位 / 27,665件
文字数 93,271 最終更新日 2021.04.08 登録日 2020.05.14
3
恋愛 完結 長編 R15
 高校1年生の低田悠真のクラスには『高嶺の花』と呼ばれるほどの人気がある高嶺結衣という女子生徒がいる。容姿端麗、頭脳明晰、品行方正な高嶺さんは男女問わずに告白されているが全て振っていた。彼女には好きな人がいるらしい。  ゴールデンウィーク明け。放課後にハンカチを落としたことに気付いた悠真は教室に戻ると、自分のハンカチの匂いを嗅いで悶える高嶺さんを見つける。その場で、悠真は高嶺さんに好きだと告白されるが、付き合いたいと思うほど好きではないという理由で振る。  しかし、高嶺さんも諦めない。悠真に恋人も好きな人もいないと知り、 「絶対、私に惚れさせてみせるからね!」  と高らかに宣言したのだ。この告白をきっかけに、悠真は高嶺さんと友達になり、高校生活が変化し始めていく。  大好きなおかずを作ってきてくれたり、バイト先に来てくれたり、放課後デートをしたり、朝起きたら笑顔で見つめられていたり。高嶺の花の高嶺さんとの甘くてドキドキな青春学園ラブコメディ!
24hポイント 7pt
小説 23,481 位 / 99,419件 恋愛 9,889 位 / 27,665件
文字数 510,884 最終更新日 2021.02.05 登録日 2020.07.01
4
恋愛 連載中 長編
人生における恋愛において 高嶺の花と言われる人に合わせるために 頑張る人と 身のためにあった人をさがしながらも 少し背伸びでおな互いに成長する人を描く 少し淡くまた、頑張ることは大切だけど 頑張りすぎると脆いことを感じる 作品です。
24hポイント 0pt
小説 99,419 位 / 99,419件 恋愛 27,665 位 / 27,665件
文字数 2,679 最終更新日 2020.11.24 登録日 2020.11.08
グルメ小説 「光の河」は死んだひいばあちゃんが僕が小さい頃に一度だけ話してくれた話だ。戦後間もない頃、若かったひいばあちゃんは死にたいくらい辛い思いをして生きる中で、それはそれは綺麗な、闇に宝石が浮かぶような河、「光の河」を見て、生きる気力を取り戻したという。 僕こと井藤康輝は長野県の高校の地学部に所属しながら、ひいばあちゃんが話していた、「光の河」に興味を持ち、漠然としたヒントの中から「光の河」の正体を見つけようとしていた。 「光の河」を探しながら地学部として過ごす高校生活は、グルメに溢れていた。放課後に地学教室で紅茶を入れて食べるマフィン、シャインマスカットタルト、僕の行きつけの「吉弥食堂」の名物キャベツラーメン、コーヒーとアーモンドチョコレート、天体観測で食べたカップラーメン。 そして、地学部の仲間は愉快な奴も沢山いた。お菓子を差し入れしてくれる顧問の藤原先生。ちょっとスケベでお調子者だけど、コーヒー淹れるのが抜群にうまい親友のギンガ。そしてダンス部と兼部する地学部のマドンナ、ツバサさん。僕はツバサさんに密かな恋心を抱いていつつも、想いをうまく伝えられず、悶々とした日々を送っていた。 もどかしい日々を過ごしているうちに学園祭も近づき、学園祭の準備に勤しんでいたある日、ツバサさんが倒れてしまう。病院で悪性の腫瘍が足にあると診断され、ダンスが踊れなくなってしまったツバサさんはひどく落ち込む。 彼女の不幸に同調し悩み落ち込んだ僕とギンガは、彼女をなんとかしてあげようと思って、思いつきで「吉弥食堂」に行って天ぷら蕎麦を平らげると、元気を取り戻して、ある計画を思いつく。かつてひいばあちゃんが死にそうな時に見た「光の河」を彼女に見せ、元気を取り戻してもらうというものだ。今までの学校生活で光の河の実態を掴んだ僕は、周りの協力も得て、ツバサさんを光の河のある場所に連れて行った。 しかし、彼女に見せた光の河は、僕の想像とは遠くかけ離れていた。光の河の正体を知った時、僕らは大きな感動に包まれるのだった。
24hポイント 0pt
小説 99,419 位 / 99,419件 青春 3,920 位 / 3,920件
文字数 37,711 最終更新日 2020.07.26 登録日 2020.07.23
6
青春 完結 短編 R15
高校へ上がった弘明は、喜び勇んで硬式野球部に入ったものの己の限界を知り、髪を伸ばし長髪となる。 だが、若い肉体の欲求は別の形へ変化していき、抗えども御し難く、普通の高校生として無為に過ごす。 そんな中、少ない友人の誘いで山岳部へ入り、紀伊半島の最高峰である大台ケ原山へ登ることになった。 季節は早春、上へ進級する前の春休みを使って、部員五人のクルーは宮川の上流・大杉谷から入山した。 重い荷を背負い、急勾配の山道を登るにつれ打ち解ける五人。だがその背後に天候の急変が迫っていた。
24hポイント 0pt
小説 99,419 位 / 99,419件 青春 3,920 位 / 3,920件
文字数 36,555 最終更新日 2020.07.05 登録日 2020.06.13
6