屋月 トム伽

屋月 トム伽

6
恋愛 連載中 長編 R15
ルーナ・ドワイスは後2ヶ月で16歳になる。 そんな時突然、継母と義兄に結婚相手として騎士団長の一人ファリアス公爵の元に婚約者候補として邸を追い出すように出された。 今までも婚約者候補を迎えていたファリアス公爵は誰とも一度も婚約にたどりつけない方だったが、ルーナは何も知らず、一人ファリアス公爵の邸に行くこととなる。 行く場所のないルーナをファリアス公爵は気にかけ始めていく。 小説家になろう様でも投稿しています! よろしくお願いいたします!
24hポイント 40,229pt
小説 63 位 / 86,647件 恋愛 48 位 / 22,870件
文字数 173,273 最終更新日 2020.11.27 登録日 2020.10.01
恋愛 完結 短編 R15
この国では、魔力の高い貴族の娘は引く手あまただ。 特に魔導師の家系では、魔力の高い相手を求めている。 そして私に結婚の話がきた。 でも私は絶対に嫌。 私に結婚の申し込みに来た、ユリウス様は魔導師団の将来有望株。 しかも、金髪碧眼の容姿端麗。 誰もが羨ましがる方だけど! 私は絶対イヤ! だって、女たらしなんだもの! 婚約もしたくなく、会うのも嫌で自分に眠りの魔法をかけた。 眠っている女とは婚約も結婚もできないでしょ! だが気付いた。 私が幽体離脱していることに! そんな私にユリウス様は毎日会いに来る。 それを私はフワフワと浮かびながら見ている。 そんな二人の話です。
24hポイント 355pt
小説 2,790 位 / 86,647件 恋愛 1,327 位 / 22,870件
文字数 8,827 最終更新日 2020.11.20 登録日 2020.11.16
第13回ファンタジー小説大賞参加中です。 ぜひよろしくお願いいたします。//////伯爵家襲撃事件の生き残りのリアは仇を探して、ある小さな村に辿り着いた。 そこで出会ったクライスという青年。 仇の一員と思い込み戦いを挑むも、村に異変が起きる。 クライスはリアが何者かに狙われている事に気づき守ろうとし、そんなクライスにリアは惹かれていく。 クライスはリアが伯爵家襲撃事件の時、呪いをかけられた事を知り、解呪のために二人共に王都へと行く。 王都では二人の距離がどんどん縮まっていき・・・。 その後クライスとリアは婚約するもドラゴニアンシード(竜の叡智と呼ばれる竜水晶)持ちのリアは狙われ、クライスの溺愛は加速していく。
24hポイント 156pt
小説 5,080 位 / 86,647件 ファンタジー 1,269 位 / 24,793件
文字数 214,788 最終更新日 2020.09.29 登録日 2020.08.18
辺境の聖女候補の星の乙女は優しい騎士様と一緒です。のスピンオフです。 短編です! ソールの身元引き受け人となったルディはソールを連れて星の聖女エスカと騎士フィンの待つ辺境の地にやって来ました。 第1話、そこでソールの師匠がやってきて、エスカ達はソールを守ろうとし…。 第2話、エスカは体調が悪く眠かった理由はご懐妊だった。それを知ったフィンは…。 第3話、ルディは一夜を共にする相手を探して仮面舞踏会に行くがそこで出会ったのは…。 「伯爵令嬢は狙われている」もぜひよろしくお願いいたします!
24hポイント 156pt
小説 5,080 位 / 86,647件 恋愛 2,266 位 / 22,870件
文字数 6,021 最終更新日 2020.09.29 登録日 2020.09.28
「よくやった!勇者ジーク.ルカニア」 ルミナス王の御前には、勇者ジークと魔法使いサリアと騎士イグニスがいた。 魔物退治に成功し、ルミナス王から褒美を貰うためだ。 「何でも好きなものを使わすぞ」 「では、我ら二人は、屋敷を頂きたいと思います。」 イグニスとサリアは恋人同士で、二人の新居を希望した。 「ジーク、お主はどうだ?金か?新しい武器か?」 「いえ、俺には、可愛い彼女を下さい。」 ジークは無表情で淡々と言った。 辺りは静まり返り、皆ポカンとした。 「…ジークよ。わしは人身売買はしておらん。」 王は困った顔をした。 「ええ、金も入りますが、可愛い彼女の一人位王のお力なら拐ってこれるでしょう。」 (金も要求!?しかも犯罪!?) 皆の頭の中に同じ考えが浮かんだ。 「ジーク、無理を言うな。王が困ってしまう。」 イグニスが止めると、ジークは舌打ちした。 「ちっ、自分はイチャイチャする彼女がいるからって。」 (感じ悪!?) また、皆の頭の中に同じ考えが浮かんだ。 「王よ。私の予言で、ジーク殿に彼女をお教え致しますわ。ほほ。」 王の側にいた、魔法使いのセレスティアが陽気に言った。 「セレス、お主に予言なぞ…」 セレスは王の言葉は遮り、杖を掲げ、予言を伝えた。 「フィアードの森に住む、水の乙女を求めよ。と出てますわ。」 「では、すぐに参ります。ルミナス王、飛竜を一体お借りします!あと、金はそちらに届けて下さい!」 (あつかまし!) また、皆の頭の中に同じ考えが浮かんだ。 「それと、嘘ならこのクラウ・ソラスが光と思っておいて下さい!」 (しかも、脅し!?) ジークはそのまま、疾風のように、出ていった。 思えば、戦いの日々だった、魔物と戦い、レベルを上げ、気が付けば、イグニスはサリアと恋人同士になっているし、周りの奴らも、彼女や結婚してる者までいる。俺も、彼女が欲しい!
24hポイント 28pt
小説 12,785 位 / 86,647件 ファンタジー 2,687 位 / 24,793件
文字数 28,284 最終更新日 2020.09.27 登録日 2020.08.21
恋愛 完結 長編 R15
辺境の地に配属となった聖女候補の星の乙女のエスカはこの村の祈りの間で祈りを捧げる為やって来た。 星の乙女の護衛の騎士フィンはエスカの担当になり、二人はこの地で過ごすことになった。 教会でも優しくされなかったエスカにフィンは優しく頼りがいのある騎士だった。 スピンオフ、星の聖女様と騎士達は新しい人生を歩みたい、(短編)投稿しました。 ぜひよろしくお願いいたします! 別作品の「伯爵令嬢は狙われている」を第13回ファンタジー小説大賞にエントリーしてます!そちらもどうぞよろしくお願いいたしますm(._.)m
24hポイント 205pt
小説 4,355 位 / 86,647件 恋愛 1,930 位 / 22,870件
文字数 77,666 最終更新日 2020.09.26 登録日 2020.09.03
6