悠十

悠十

のんびり書いてます。よろしくお願いいたします。
4
 ある日、サラリーマンの佐々木良太は車に轢かれそうになっていたお婆さんを庇って死んでしまった。  それは、良太が勤める会社が世界初の仮想空間による体感型ゲームを世界に発表し、良太がGMキャラの一人に、所謂『中の人』選ばれた、そんな希望に満ち溢れた、ある日の事だった。  お婆さんを助けた事に後悔はないが、未練があった良太の魂を拾い上げたのは、良太が助けたお婆さんだった。  彼女は、異世界の女神様だったのだ。  女神様は良太に提案する。 「私の管理する世界に転生しませんか?」  そして、良太は女神様の管理する世界に『妖精王オベロン』として転生する事になった。  そこから始まる、妖精王オベロンの異世界生活。
24hポイント 2,976pt
小説 478 位 / 56,010件 ファンタジー 188 位 / 18,469件
文字数 74,548 最終更新日 2019.09.22 登録日 2019.07.04
 セス・ウルフスタン・ジンデルは魔王の十八番目の子供である。本の山に埋もれるセスの周りには、濃い人物達が集まってくる。絶世の美少年なブラコン、パンツ泥棒の残念美女、服を弾き飛ばすリビングデッド。他にも色々と……。  そんな濃い人々に揉まれながら、セスは何故か『主人公()』に絡まれる。   「お前、何て酷い奴なんだ‼」 「え? 何の事だ?」  脇役で終わっていた筈のセスの人生は、予定していた道を大きく逸れていく。  (小説家になろう・アルファポリスにて掲載中です)
24hポイント 1,249pt
小説 912 位 / 56,010件 ファンタジー 307 位 / 18,469件
文字数 83,510 最終更新日 2019.09.21 登録日 2019.04.01
恋愛 連載中 長編 R15
「お前との婚約を破棄する!」  ウィンウッド王国の学園でのパーティーで、王太子が突然公爵令嬢と婚約破棄すると言い出した。  王太子は令嬢の悪事を次々と上げるが、令嬢は華麗にそれが冤罪である証拠を上げていく。  アレッタの目の前では、そんな前世で読んだことがあるような『悪役令嬢によるザマァ物語』が繰り広げられていた。  そして、ついに逆上した王太子が国外追放を令嬢に言い渡したとき、令嬢に駆け寄り寄り添う男が現れた。  え、あれ? その人、私の婚約者なんですけど……。  これは、そんな『悪役令嬢によるザマァ物語』でとんだ被害を受けた令嬢の、その後の騒動の物語である。
24hポイント 39,674pt
小説 35 位 / 56,010件 恋愛 21 位 / 13,365件
文字数 59,590 最終更新日 2019.09.20 登録日 2019.08.20
恋愛 完結 短編 R15
 アリシアはこの国の王太子の婚約者である。  しかし、彼との間には愛は無く、将来この国を共に治める同士であった。  そんなある日、王太子は愛する人を見付けた。  アリシアはそれを支援するために奔走するが、上手くいかず、とうとう冤罪を掛けられた。 「嗚呼、可哀そうに……」  彼女の最後の呟きは、誰に向けてのものだったのか。  その呟きは、誰に聞かれる事も無く、断頭台の露へと消えた。
24hポイント 674pt
小説 1,499 位 / 56,010件 恋愛 641 位 / 13,365件
文字数 4,967 最終更新日 2019.07.16 登録日 2019.07.16
4