ももち ちくわ

ももち ちくわ

小説家になろう、カクヨムと渡り歩き、最新作をアルファポリスで投稿開始。応援よろしくおねがいします(*'ω'*)
11
北ラメリア大陸歴1490年7月16日。この日、北ラメリア大陸に存在するウィーゼ王国の首都:オールドヨークにて、ふたりの男女が邂逅する。 男の名はレオナルト=ヴィッダー。彼は平民出でありながらも、18歳の若さで衛兵隊副長に昇り詰める。 そして、女の名はアイリス=クレープス。彼女はウィーゼ王国の第3位継承権を持つ御年14歳の王女である。 それからの2年間、王女と平民出の若者は、国王に知られぬように密会を繰り返し、秋の収穫祭の夜、ついに心も体も結ばれることととなる。 だが、ふたりの運命はここから急転直下となる……。 レオナルト=ヴィッダーには罰が与えられ、2年間の兵役を言い渡される。 しかし、絶望の淵へと落とされた彼にはまだ運命に抗うだけの|呪力《ちから》が残されていた。 その|呪力《ちから》を与えたのは、他でもない。想い人の兄であるフィルフェン第1王子だ。 レオナルト=ヴィッダーはフィルフェン第1王子から貸し与えられた呪物により、身体と心を蝕まれていく……。 それでも、レオナルト=ヴィッダーはアイリス=クレープスとの約束を果たすために、激しい戦場を生き延びる。 アイリス=クレープスがレオナルト=ヴィッダーと再会した時、彼は歩行困難にまで呪物により、身体を痛めつけられていた。 そんな状態のレオナルト=ヴィッダーにさらに試練がもたらされていた。 アイリス=クレープスと結婚するには国王が欲しがっている5つの秘宝のうち、ふたつを献上せねばならない。 レオナルト=ヴィッダーとアイリス=クレープスは過酷で残酷な運命に抗うために、秘宝を手に入れるための旅に出る……。 【筆者から一言】 脱糞プレイはありませんので、ご安心? ください
24hポイント 377pt
小説 3,461 位 / 99,818件 ファンタジー 781 位 / 26,862件
文字数 446,406 最終更新日 2021.04.17 登録日 2020.12.10
|神代《かみよ》の時代から、創造主:Y.O.N.Nと悪魔の統括者であるハイヨル混沌は激しい戦いを繰り返してきた。 その両者の戦いの余波を受けて、惑星:ジ・アースは4つに分かたれてしまう。 それから、さらに途方もない年月が経つ。 復活を果たしたハイヨル混沌は今度こそ、創造主;Y.O.N.Nとの決着をつけるためにも、惑星:ジ・アースを完全に暗黒の世界へと変えようとする。 ハイヨル混沌の支配を跳ね返すためにも、創造主:Y.O.N.Nのパートナーとも呼べる天界の主である星皇が天使軍団を率い、ハイヨル混沌軍団との戦いを始める。 しかし、ハイヨル混沌軍団は地上界を闇の世界に堕とすだけでなく、星皇の妻の命を狙う。 その計画を妨害するためにも星皇は自分の妾(男の娘)を妻の下へと派遣する。 幾星霜もの間、続いた創造主:Y.O.N.Nとハイヨル混沌との戦いに終止符を打つキーマンとなる星皇の妻と妾(男の娘)は互いの手を取り合う。 時にはぶつかり合い、地獄と化していく地上界で懸命に戦い、やがて、その命の炎を燃やし尽くす……。 彼女達の命の輝きを見た地上界の住人たちは、彼女たちの戦いの軌跡と生き様を『蒼星伝』として語り継ぐことになる。
24hポイント 21pt
小説 18,622 位 / 99,818件 ファンタジー 3,520 位 / 26,862件
文字数 160,698 最終更新日 2021.04.16 登録日 2021.03.11
 エイコー大陸から大海を渡った先にテクロ大陸がある。そこにはニンゲン、エルフ、ドワーフ、亜人、そして魔族の5種族がそれぞれに国を作っていた。 しかしながら、創造主:Y.O.N.Nの企みにより、各国は相食む存在と化し、第一次、第二次テクロ大戦を繰り広げる。 そんな歴史の過程を経ながらも、最終的には|帝《みかど》を中心とするテクロ大陸の統治形態を創り出す5種族であった。  だが、それを良しとしないドワーフ族の国王は、今世の|帝《みかど》が亡くなった後に開かれた選帝侯会議の場において新たな火種となる提案をぶち上げることとなる。 それが引き金となり、ニンゲン・エルフ族は『聖戦』と称して、ドワーフ族が支配するダイクーン王国へと攻め上がる。 もちろん、この動きに乗っかるように魔族・亜人族もそれぞれの野望を叶えるためにドワーフ族へ救済の手を差し伸べる。 各国の動きにより、八方塞がりとなったドワーフ族の国王は、ついに伝説に謳われた覇王:シノジ=ダイクーンの封印を解いてしまうのであった。  再臨した覇王がこの聖戦に参戦し、さらに戦火がテクロ大陸中に広がった時代を、後世の人々は『第三次テクロ大戦』と名付けるようになる……。 *著者から一言 エロ要素は出てくることは出てきますが、メインは戦記物となってます。 旧題は【諸人こぞりて赤髪の覇王迎え祀れ ~久しく待ちにし死はきませり~】です。
24hポイント 56pt
小説 11,338 位 / 99,818件 ファンタジー 2,282 位 / 26,862件
文字数 338,417 最終更新日 2021.03.26 登録日 2020.12.14
 西暦21XX年。予言の日から100年余りを過ぎた頃、ようやく地球にやってきた『アンゴルモア大王』の出現により、世界は核の炎に包まれた。  その絶望の世界をアンゴルモア大王が慈悲の心で再創造を|行《おこな》い、それから1200年という月日が流れる。  地球は|魔物《モンスター》や魔法が溢れる世界へと様変わりしてしまう。その中で人々は過酷な環境に抗いつつ、文明を再び築きあげていくのであった。  ニンゲンたちは『半獣半人』と呼ばれる種族として生まれ変わり、アンゴリア大王国、ポールランド副王国、イタリアーノ副王国、フランク副王国の4か国で生活するようになる。  そんな世界において、アンゴルモア四天王のひとりに『拳聖』と呼ばれる女性:キョーコ=モトカードがいた。  彼女は多くの優秀な弟子を輩出したが、その中でも8年前に命をすくった少年:ロック=イートを自分の後継者として指名する。  しかし、それがいけなかった。ロック=イートには『世界最強の生物』となる夢がある。  それが原因で拳聖:キョーコ=モトカードは自分が育てた『裏』に反旗を翻されることとなる。  そして、『裏』は拳聖の一番弟子であるロック=イートの右腕を切断してしまう。 利き腕を失ったことで再起不能になってしまったかのように見えたロック=イートは、師匠である拳聖から『|天叢雲剣《アメノムラクモノツルギ》』と呼ばれる義腕を託される……。  ロック=イートはその後、強制労働所へ搬送されるが、彼は未だに『世界最強の生物』になる夢を捨てることはなかった。  彼は彼の夢を自分の手でへし折ることをよしとしない。その夢を叶えるためには、この世界の|理《ことわり》を造った主アンゴルモア大王を越えねばならぬのにだ。  ロック=イートは果てない『夢追い人』として、この過酷な世界で|拳《こぶし》を天に突きあげ、渇望の雄叫びを上げる。
24hポイント 0pt
小説 99,818 位 / 99,818件 ファンタジー 26,862 位 / 26,862件
文字数 329,016 最終更新日 2021.03.20 登録日 2020.12.17
 ここはエイコー大陸の西:ポメラニア帝国。賢帝と名高い 第14代 シヴァ帝が治めていた。 しかし、かの|帝《みかど》は政変に巻き込まれ、命を落としてしまう。  シヴァ帝亡き後、次に|帝《みかど》の玉座に座ったのは、第1皇女であったメアリー=フランダール。  彼女もまた、政変に巻き込まれ、命の危機にあったのだが、始祖神:S.N.O.Jがこの世に再降臨を果たし、彼女を危機から救うのであった。  ポメラニア帝国はこの政変で、先代のシヴァ帝だけでなく、宰相:ツナ=ヨッシー、大将軍:ドーベル=マンベルまでもが儚く命を散らす。 これはポメラニア帝国にとって痛手であった。ポメラニア帝国は代々、周辺国をまとめ上げる役目を担ってきた。 そのポメラニア帝国の弱体は、すなわち、エイコー大陸の平和が後退したことでもあった。  そんな情勢もあってか、本編のヒロインであるアキヅキ=シュレインが東国のショウド国との国境線近くの砦に配置転換される辞令が宮廷から下されることになる。  渋々ながら辞令を承諾したアキヅキ=シュレインはゼーガン砦に向かう。だがその砦に到着したこの日から、彼女にとっての『受難』の始まりであった……。  彼女は【運命】と言う言葉が嫌いだ。 【運命】の一言で片づけられるのを良しとしない。  彼女は唇を血が滲むほどに噛みしめて、恥辱に耐えようとしている時、彼女の前に見慣れぬ甲冑姿の男が現れる……。  のちにポメラニア帝国が属するエイコー大陸で『|愛と勝利の女神《アフロディーテ》』として多くの人々に讃えられる女性:アキヅキ=シュレインの物語が今始まる!
24hポイント 7pt
小説 25,425 位 / 99,818件 ファンタジー 5,211 位 / 26,862件
文字数 125,502 最終更新日 2019.09.30 登録日 2019.08.14
ここはエイコー大陸の西:ポメラニア帝国。賢帝と名高い 第14代 シヴァ帝が治めていた。 宮中で開かれる彼の治世が始まって20周年の宴において、シヴァ帝の第1皇女:チクマリーンと四大貴族の1家の次男坊ナギッサ=ボサツとの婚約が発表されることとなる。 次代の女帝候補とその夫君が決まったシヴァ帝の治世はいよいよ謳歌を迎えようとしていた。将来の女帝の夫を輩出することになったボサツ家もまたその栄華を享受しようとしていた。 そして、所変わり、水の国:アクエリーズのとある湖畔のほとりの小さな|社《やしろ》で、1組の男女が将来を約束しあっていた。 女性の名はローズマリー=オベール。彼女はボサツ家の部下である男爵家:オベール家の一人娘である。 そんな彼女と『婚約』を交わした男は、彼女が幼きころより従者として仕えていたクロード=サインである。 ローズマリーとクロードの将来はシヴァ帝の治世のように輝かしいモノになるはずであった……。 のちにポメラニア帝国が属するエイコー大陸で『|薔薇の貴婦人《ローズ・レディ》』と恐れられるようになるローズマリー=オベールの物語が今始まる!
24hポイント 14pt
小説 21,684 位 / 99,818件 ファンタジー 4,132 位 / 26,862件
文字数 224,320 最終更新日 2019.06.20 登録日 2019.04.02
舞台は聞けば、だれもが心ときめく日本、戦国乱世の時代。 尾張を統一した信長は、今川義元に難癖をつけられ、3万の兵で攻められ、命からがら打ち破り、下級兵士たちの反乱を抑えるために合婚(ごうこん)を行う。 そんなふざけたことをした次は、意外と真面目に領国経営をしたり、のちの徳川家康をいびりたおしつつ同盟を結んだり。 7年かけて美濃を手に入れれば、ノリで岐阜と改名したり、天下布武の印鑑を作ったりなど、やりたい放題である。 そんなことをしていると、足利義昭が泣きついてきて、上洛の大義をゲットし、京に上ったのだが、京の薄味にこりごりとなり、白味噌と赤味噌を混ぜ合わせて、京の味の変革に精を出す。 そして、足利義昭をなんとか将軍につけたはいいが、彼は傀儡になるのを嫌がる始末で手に負えないので、相撲大会で義昭をふるぼっこにしたりもする。 そんな信長を家臣や民は愛してやまないのである。 この物語の主人公である信長やその家臣たちは、戦乱で荒み切ったひのもとの国を変えようと、今日も四苦八苦していくのであった。 筆者独自の解釈による武将たちのかけあい。そして、飛び交う策謀とそれに関わる人間たち。 泣き、笑い、怒り、そのたびに成長していく武将、下級兵士、果ては農家生まれの娘たち。彼らはこの戦国時代に何を見、何を感じ、何を成し遂げていくのか。 ひのもとの国を代表する大馬鹿者、織田信長を中心として巻き起こる長編歴史IF戦記、ここに開幕。
24hポイント 5pt
小説 1,271 位 / 19,565件 歴史・時代 21 位 / 414件
登録日 2017.01.22
SF 完結 長編 R15
18歳、高校卒業したての俺、飯村彦助(いいむらひこすけ)は、春からのキャンパスライフを楽しみにしていた。ある日、神社で素敵なキャンパスライフをお願いしたところ、急に目の前が暗くなり、気付いたときには戦国時代、尾張(おわり)の国に飛ばされていた。運よく、俺は、ひでよしと名乗る男に出会い、信長に見初められ、織田家で一兵卒として働くこととなった。俺はこの過酷な時代を生き残ることができるのか。 頼りになる仲間、田中、弥助、ひでよしと共に今日も元気に戦国時代を駆け巡る。 本編=馬鹿と殿さまの狂詩曲(ラプソディ)=の舞台を補完する物語であり、一兵卒から始まる、飯村彦助(いいむらひこすけ)の立身出世の物語である。予定であったのだが、未だに出世の機会すら巡ってこないのであった。
24hポイント 3pt
小説 1,689 位 / 19,565件 SF 51 位 / 1,029件
登録日 2017.02.08
皆、初めましてやで!わいが楮四十郎(こうぞよんじゅうろう)や! わいは織田信長さまの一兵士なんやけど、こう見えて、彼女持ちなんやで? この物語は1559年3月のひのもとの国、尾張(おわり)の清州(きよす)の町から始まるんや。 わいには千歳(ちとせ)ちゃんと言う、可愛い彼女がおるんやけど、これまた熟れたボデイをしているんやで? 今度の6月には結婚式を開く予定なんやで?皆、出席してくれやで? いや、そんなことはええんや。この物語は、わいが【神殺し】になる話なんやで? わい、この前まで普通の人間やと想ってたんやけどなあ?まあええか。人間、生きてれば色々とあるもんや。 というわけで、わいの物語を楽しんでくれやで?
24hポイント 0pt
小説 19,565 位 / 19,565件 歴史・時代 414 位 / 414件
登録日 2017.11.16
少年と少女は固く手を結びあって叫ぶ。【欲望】で身を焦がし、【太陽】で魂を焦がし、【全て】に恋い焦がれながら。 「神気を発し、神力へと変換せよ!そして、俺たちは【運命】を【否定】する!」 西暦1573年4月12日 この日、ひとりの男が命を【奪う】。そして、世界は【改変】を迎える。 西暦1573年4月13日 この日、【欲望】がひとりの男を飲み干す。 神帝(しんてい)歴元年元日 この日、ひとりの男が【太陽】となる。 神帝(しんてい)歴3年 6月15日 満月の下、少年と少女が【約束】をかわす。 神帝(しんてい)歴5年 5月11日 この日、少年と少女は【欲望】と【太陽】に出会う。 【理(ことわり)】は世界と大神(おおかみ)を縛る。【約束】はその【理(ことわり)】すら縛る。 少年と少女は【理(ことわり)】を【約束】で上書きして【理(ことわり)の外】へ向かう。 そのさらに外にある【禁忌】に辿り着き、【真実】を手にいれようと、心を掻き毟る。 少年と少女の足跡は【理(ことわり)の歴史書】と呼ばれる書物に刻み込まれていくのであった。
24hポイント 0pt
小説 19,565 位 / 19,565件 ファンタジー 7,822 位 / 7,822件
登録日 2017.11.16
 この世界は大海により隔たれた大陸が三つあった。  ひとつは、日々、モンスターの侵攻におびえながらも必死にニンゲンたちが戦い続ける、世界の西の辺境:ポルト=ペイン。  ひとつは、いくつもの騎馬民族たちが、やせ細る土地から逃げ出し、豊穣の地を奪うために戦い続ける、世界の東の大陸:モンドラ。  そして、最後のひとつは、この世界の全てが産まれ、やがて、そこに帰すると云われる、世界の中心:ヒノモトノ国。  だが、世界の中心たるヒノモトノ国は、長い年月が過ぎる間に、その半分をモンスターが支配する土地【根の国】へと生まれ変わってしまっていた。  神帝歴651年。この年、ついに世界の全てを終焉へと導く存在である【千切れの魔女】がヒノモトノ国に降臨する。  世界を滅ぼさせないために、あるひとりの男が立ち上がる。その男は【千切れの魔女】と呼ばれるようになった女性のかつての父親であり、同時に師匠であった。  運命に導かれ、宿命に抗うために、千切れの魔女と縁深きモノたちは闘う。  かつて、共に過ごした幸せの時間を取り戻すため。  かつて、共に食卓を囲み、肉じゃがに舌鼓を打っていた、あの時間を取り戻すため。  男は叫ぶ。【千切れず契れ!】。その言葉が家族の絆を取り戻すと信じて叫ぶ!  凶悪なモンスターが野をうろつき回る世界で剣と魔法が交差する。冒険者たちが日々の暮らしのために、冒険者ギルドへ足を運び、クエストを受注する。  いつか一流の冒険者になれればと夢見た者たちの物語(予定)。 ももち ちくわがお送りする、剣と魔法と苦い青春が溢れる【灰色☆ファンタジー】 ここに開幕!
24hポイント 0pt
小説 19,565 位 / 19,565件 ファンタジー 7,822 位 / 7,822件
登録日 2018.04.10
11