蒼風

蒼風

物書き。他サイトでも活動しております。詳しい事はWebかtwitterをご覧ください。
7
□作品紹介□  むかしむかしってほどじゃない、ほんのちょっと前。あるところに一人の女の子がいたんだ。  彼女は優しくて、賢くて、強い子だったけど、ひとつだけ大きな問題があった。そのお陰で、彼女にはずっと、友達といえる友達がいなかった。  ある日のことだった。隣の家の前に、一人の男の子が立ちつくしていた。いつもは見かけないから、多分、お父さんお母さんが家にいなかったか、鍵を忘れちゃったか、あるいはその両方なんだと思う。  迷った。話しかけてどうするんだ、とも思った。そんなことをしたってどうせ、とも思った。  それでも、彼女は話しかけた。手を差し伸べた。少年は今にも泣きそうな顔を必死に崩さないようにする。きっと相当心細かったんだろう。話しかけてよかった、そう思った。  それから彼女には一人の友達が出来た。なんの問題も起きない、幸せな関係。だけど、そんな時間はすぐに音を立てて壊れていった。  むかしむかしってほどじゃない、ほんのちょっと前。あるところに一人の女の子がいたんだ。  彼女は優しくて、賢くて、強い子だったけど、ひとつだけ大きな問題があった。そのお陰で、彼女にはずっと、友達といえる友達がいなかった。  だけど、そんなひとりぼっちの時も過ぎて、彼女は今、ちょっとだけ人とは違う、けれど大半はごく普通の人生を送っている。あの日のことは忘れて。これからもずっと。そのはずだった。  ある日、誰かが言ったんだ。世界を変えるのは意思の力だって。  これは、そんな意思の力で、どこにでも広がっている醜いセカイが、美しくなる。そんな御伽噺。 □更新について ・毎週火曜日0時更新を予定しております。 ・今のところ作品中盤までの掲載を予定中です。 ・掲載分以降の連載はカクヨム版をご確認ください。 □参考URL 『されど美しき僕らのセカイ』カクヨム版:https://kakuyomu.jp/works/1177354054892553203 (最終更新日:2020/02/09)
24hポイント 0pt
小説 86,919 位 / 86,919件 キャラ文芸 2,082 位 / 2,082件
文字数 116,562 最終更新日 2020.07.28 登録日 2020.02.09
□あらすじ□  ”なろう系”と聞くとどんな印象を覚えるだろうか。好意的だろうか?否定的だろうか?恐らく色んな人がいるだろう。  今、”なろう系”が嫌われている。「小説家になろう」出身というだけで嫌われ、叩かれる。アニメ化しても酷評どころではない扱いを受ける。粗探しをされて、ちょっとでも叩きやすそうな場所を見つけたならば、そこだけ切り取ってネタにして笑う。  一方で、作品のファンからは絶大の信頼を寄せられ、ポジティブな意見ばかりが出てくる。ひとつの作品なのにも拘わらず、略称を変えて検索するだけで180度方向性が変わる。一体何故なのか。そんな疑問に迫る。 □本作について□ ・本作は”なろう系”について作者が考えたことを纏めたものです。 ・本作が完全な正解であるとは思っていませんが、何かを考えるきっかけになったら幸いです。 ・誤字・脱字は指摘していただければ直します。 ・長めの章には末尾にポイントまとめを付けてありますのでご活用ください。 ・カクヨムにも同じものを掲載しております。 □他サイト版□ カクヨム→https://kakuyomu.jp/works/1177354054889523764 (最終更新日:2019/08/27)
24hポイント 0pt
小説 86,919 位 / 86,919件 エッセイ・ノンフィクション 3,058 位 / 3,058件
文字数 13,371 最終更新日 2019.09.02 登録日 2019.08.27
◇あらすじのようなもの◇  ハウツー本。  それは見知らぬ世界へと旅をする人にとって、指針となる本だ。  嘘つけ。  天城征路は「創作のハウツー本」を信じていない。あんなもんは嘘っぱち。読んだって駄目。話を作るのなんか上手くなるわけない。そんなもん読むくらいなら寝てた方がマシ。そう思っていた。    久遠寺文音は「創作のハウツー本」を信じた。これこそが自分が欲しかったものだ。これできっと良い話が書ける。何をおいてもまず、これを参考にするべきだ。そう思っていた。  本来なら交わる事のないふたり。しかし、ひょんなことから二人は意気投合して、 「こいつと意気投合?ないない。あり得ないって」 「おお、珍しく気が合ったな。それに関しては俺も同感だ。意気投合などという事は決してないな、うん」  ……訂正。全然意気投合なんかしてなかった。  そんな二人と愉快な仲間たちが、化学反応を起こしたり、起こさなかったりする物語が幕を開ける。 (最終更新日:2019/05/19)
24hポイント 0pt
小説 86,919 位 / 86,919件 ライト文芸 3,761 位 / 3,761件
文字数 183,271 最終更新日 2019.05.18 登録日 2018.12.28
【本作について】 ・本作は「LINEノベル」についてのニュースを見て、作者が考えたことを纏めたものです。 ・本作が完全な正解であるとは思っていませんが、何かを考えるきっかけになったら幸いです。 ・誤字・脱字は指摘していただければ直します。 ・長めの章には末尾にポイントまとめを付けてありますのでご活用ください。 ・自ブログや、カクヨムでも同内容の記事を公開しております。 【他サイト版】 ・カクヨム版→https://kakuyomu.jp/works/1177354054889265049 ・blog版→http://soufu34141991.hatenablog.com/entry/2019/04/18/000000 (最終更新日:2019/04/19)
24hポイント 0pt
小説 86,919 位 / 86,919件 エッセイ・ノンフィクション 3,058 位 / 3,058件
文字数 9,903 最終更新日 2019.04.22 登録日 2019.04.19
こちらでも公開している『creAte!』のカクヨム版です。更新はここが一番早いのでよろしければどうぞ。
24hポイント 0pt
小説 19,405 位 / 19,405件 ライト文芸 301 位 / 301件
登録日 2018.12.16
◇本作について◇ ・本作は所謂「漫画村」騒動を見て、またその周辺の反応を見ていて考えた事を書いたものです。 ・参考文献や論拠を揃えて書いたものではございません、あらかじめご了承下さい。 ・どうしても内容に納得が行かない場合は、反論のエッセイ類を書いてください。歓迎します。 ・カクヨム版を書いたのがかなり前なので、データ等々が古い可能性もございます。ご了承ください。 (最終更新日:2018/12/16)
24hポイント 0pt
小説 19,405 位 / 19,405件 エッセイ・ノンフィクション 128 位 / 128件
登録日 2018.12.16
□作品紹介□  むかしむかしってほどじゃない、ほんのちょっと前。あるところに一人の女の子がいたんだ。  彼女は優しくて、賢くて、強い子だったけど、ひとつだけ大きな問題があった。そのお陰で、彼女にはずっと、友達といえる友達がいなかった。  ある日のことだった。隣の家の前に、一人の男の子が立ちつくしていた。いつもは見かけないから、多分、お父さんお母さんが家にいなかったか、鍵を忘れちゃったか、あるいはその両方なんだと思う。  迷った。話しかけてどうするんだ、とも思った。そんなことをしたってどうせ、とも思った。  それでも、彼女は話しかけた。手を差し伸べた。少年は今にも泣きそうな顔を必死に崩さないようにする。きっと相当心細かったんだろう。話しかけてよかった、そう思った。  それから彼女には一人の友達が出来た。なんの問題も起きない、幸せな関係。だけど、そんな時間はすぐに音を立てて壊れていった。  むかしむかしってほどじゃない、ほんのちょっと前。あるところに一人の女の子がいたんだ。  彼女は優しくて、賢くて、強い子だったけど、ひとつだけ大きな問題があった。そのお陰で、彼女にはずっと、友達といえる友達がいなかった。  だけど、そんなひとりぼっちの時も過ぎて、彼女は今、ちょっとだけ人とは違う、けれど大半はごく普通の人生を送っている。あの日のことは忘れて。これからもずっと。そのはずだった。  ある日、誰かが言ったんだ。世界を変えるのは意思の力だって。  これは、そんな意思の力で、どこにでも広がっている醜いセカイが、美しくなる。そんな御伽噺。
24hポイント 0pt
小説 19,405 位 / 19,405件 キャラ文芸 227 位 / 227件
登録日 2020.02.09
7