小原ききょう

小原ききょう

長編小説、短編、詩などを書いています。よろしくお願います!
6
影の薄い僕と、7人の個性的、異能力な美少女たちとの間に繰り広げられる恋物語。 影の薄い僕はある日透明化した。 それは勉強中や授業中だったり、またデート中だったり、いつも突然だった。 原因が何なのか・・透明化できるのは僕だけなのか?  そして、僕の姿が見える人間と、見えない人間がいることを知る。その中間・・僕の姿が半透明に見える人間も・・その理由は? もう一人の透明化できる人間の悲しく、切ない秘密を知った時、僕は・・ 文芸サークルに入部した僕は、三角関係・・七角関係へと・・恋物語の渦中に入っていく。 時々、透明化する少女。 時々、人の思念が見える少女。 時々、人格乖離する少女。 ラブコメ的要素もありますが、 回想シーン等では暗く、挫折、鬱屈した青春に、 圧倒的な初恋、重い愛が描かれます。 (登場人物) 鈴木道雄・・主人公の男子高校生(2年2組) 鈴木ナミ・・妹(中学2年生) 水沢純子・・教室の窓際に座る初恋の女の子 加藤ゆかり・・左横に座るスポーツ万能女子 速水沙織・・後ろの席に座る眼鏡の文学女子 文芸サークル部長 小清水沙希・・最後尾に座る女の子 文芸サークル部員 青山灯里・・文芸サークル部員、孤高の高校3年生 石上純子・・中学3年の時の女子生徒 池永かおり・・文芸サークルの顧問、マドンナ先生
24hポイント 1,343pt
小説 751 位 / 47,113件 現代文学 5 位 / 1,723件
文字数 121,915 最終更新日 2019.05.24 登録日 2019.04.17
「血を吸うかぐや姫」あらすじ 高校生の屑木和也の家の近くには、通称お化け屋敷と呼ばれる館があった。 大学生が物置に使っているという噂だが、どうもおかしい。 屑木の友人がある日、屋敷に探検に行ったその日から、屑木の日常が崩れ始める。 友人の体の異変・・体育教師の淫行・・色気を増す保険医 それら全てが謎の転校生美女、伊澄瑠璃子が絡んでいるように思われた。 登場人物 葛木和也・・主人公 小山景子・・お隣のお姉さん 小山美也子・・景子さんの妹 伊澄瑠璃子・・転校生 伊澄レミ・・瑠璃子の姉 神城涼子・・委員長 君島律子・・元高嶺の花 佐々木奈々・・クラスメイト 松村弘・・主人公の友達 黒崎みどり・・伊澄瑠璃子の取り巻き 白山あかね・・伊澄瑠璃子の取り巻き 吉田エリカ・・セクシー保険医
24hポイント 583pt
小説 1,418 位 / 47,113件 ホラー 36 位 / 1,765件
文字数 133,700 最終更新日 2019.05.24 登録日 2019.04.17
「人嫌いの僕は、通販で買った等身大AIフィギュアドールと、年上の女性に恋をした」 主人公の井村実は通販で等身大AIフィギュアドールを買った。 フィギュアドール作成時、自分の理想の思念を伝達する際、 もう一人の別の人間の思念がフィギュアドールに紛れ込んでしまう。 そして、フィギュアドールには二つの思念が混在してしまい、切ないストーリーが始まります。 主な登場人物 井村実(みのる)・・・30歳、サラリーマン 島本由美子  ・ ・・41歳 独身 フィギュアドール・・・イズミ 植村コウイチ  ・・・主人公の友人 植村ルミ子・・・・ 母親ドール サツキ ・・・・ ・ 国産B型ドール エレナ・・・・・・ 国産A型ドール ローズ ・・・・・ ・国産A型ドール 如月カオリ ・・・・ 新型A型ドール
24hポイント 498pt
小説 1,592 位 / 47,113件 現代文学 14 位 / 1,723件
文字数 121,505 最終更新日 2019.05.24 登録日 2019.04.17
「水の行方~花言葉の裏側で」 お金持ちのお嬢さん長田恭子がクラスメイトたちに「私の忠実な配下になるように」と意味した押し花を配ったことが元で一部の生徒の中にイジメが生じる。  長田恭子は何のために押し花を配ったのか?  長田恭子の目的は何なのか?  小学五年生の主人公村上陽一とクラスメイトたちが懸命に考える中、物語は意外な方向に展開する。 「忠実な配下」の本当の意味は?  クラスの女の子に虐められている和菓子屋の看板娘の智子、ひたすらピアノの練習に励む少女加奈子、そして押し花を配った長田恭子、3人の思いが一つになるとき物語は一つの形となって収束される。 ◆印は男子の視点 ◇印は女子の視点になっています   【シリーズ小説の時系列】 春       「遠野静子の憂鬱」     ↓      ↓             夏「水を守る」                     ↓ 秋「水の行方」     ↓        ↓ 冬「水をすくう」 「長田多香子の憂鬱」
24hポイント 349pt
小説 2,136 位 / 47,113件 現代文学 21 位 / 1,723件
文字数 13,984 最終更新日 2019.05.24 登録日 2019.05.17
家政婦静子と令嬢恭子の視点で 恭子の継母、実母との家族の形、亡き父、実母の夫婦の形を描きます。 ◇印で視点が変わります。  大富豪長田家の家政婦の採用試験で合格した遠野静子は一人娘の長田恭子の専属の家庭教師も兼任することとなった。  恭子は幼い頃、両親の離婚で母と離れ離れとなり、その後、父も他界し、今では家に寄りつかない継母との二人暮しをしている。けれど、恭子は寂しさを微塵も出さない強い女の子だ。  そして恭子を優しく見守る家政婦の静子は少し慌てんぼさんだ。  大きな邸宅での意地悪な継母とのやり取り、授業参観でのおかしな道徳教育、うっかり買ってしまった漫画の雑誌、町の人々との交流、ピアノコンクールなどを通して静子と恭子の間に心の絆が構築されていく。  家政婦の静子は亡くなった長田家の当主ヒルトマンと離婚した妻とのこと調べるうちにおかしなことに気づく。  それはヒルトマンはかつて元妻を桜の花に例えていたことがあり、彼女を迎えるように邸宅の庭の小道に桜の木々が植えられていることだ。  更に邸宅を東京から神戸に移したその場所の近くには元妻の実家があること。  邸宅の中には元妻の部屋があり、家財、衣服、書籍が全て残されていることなど。  恭子の亡くなった父ヒルトマンは前妻の家の近くに家を建て、妻が戻ってくることを願って待っていたのではないだろうか? と考えるようになった。  それは花言葉の桜の花が意味するものの一つが「あなたを待つ」だからだ。  フィッツジェラルドの小説「華麗なるギャツビー」とヒルトマンが折り重なりながら物語は進み、  ある事件がきっかけで静子は前妻の家には藤棚が植えられていることを知る。  藤の花言葉・・「あなたを歓迎する」  桜の「あなたを待つ」藤の「あなたを歓迎する」  まるで離婚した夫婦が再び結ばれることを望んでいるみたいではないか?   と静子は考える。  恭子のピアノコンクールの招待券を携え前妻の邸宅を訪れた静子は藤の花言葉の本当の意味を知ることになる。  藤の花言葉には反対、真逆の意味があった。  花言葉の本当の意味が明かされる時、恭子と実の母親との真の決別の時が訪れる。   【シリーズ小説の時系列】 春       「遠野静子の憂鬱」     ↓      ↓             夏「水を守る」                     ↓ 秋「水の行方」     ↓        ↓ 冬「水をすくう」 「長田多香子の憂鬱」
24hポイント 398pt
小説 1,911 位 / 47,113件 現代文学 18 位 / 1,723件
文字数 92,239 最終更新日 2019.05.24 登録日 2019.04.17
小学五年生の主人公村上陽一は母の年の離れた妹の叔母さんと本の話をしたり一緒にいろんな所に出かけたりする日々を送っていた。 そんな陽一にはすごく気になる場所があった。それは近所にある古いアパートとそれを見下ろすかのように立っている高台の家だ。 ある日アパートから出てきた中年男と女が封筒を受け渡しするのを見た日から全てが始まる。 陽一は近所の商店街の駄菓子屋で店番をする女の子小川悠子と高台に住む良家の娘香山仁美の二人の少女と知り合いになる。 やがて陽一は小川悠子が義父から虐待を受けていることを知るがどうすることもできないでいた。物語は進み、陽一は二人の少女に隠された秘密を知ることになる。 陽一を温かく見守り支えてくれる叔母さんとの会話や出来事を通して陽一自身が次第に成長し、二人の少女の秘密と叔母さんとの関係がリンクする。 町の人々の今まで見えていなかった部分が見えはじめ、全てが繋がり奇跡が訪れる時、陽一は誰が本当に好きなのかに気づく。   【シリーズ小説の時系列】 春       「遠野静子の憂鬱」     ↓      ↓             夏「水を守る」                     ↓ 秋「水の行方」     ↓        ↓ 冬「水をすくう」 「長田多香子の憂鬱」
24hポイント 248pt
小説 2,817 位 / 47,113件 現代文学 29 位 / 1,723件
文字数 105,124 最終更新日 2019.05.16 登録日 2019.04.17
6