monaca

monaca

完結はさせます。 よくわからない箇所があればご指摘ください。
97 12345
恋愛 連載中 長編
聖女ユーナは、同僚たちの足の引っ張り合いに嫌気がさして教会を去った。 誰かのためになる仕事をしたい。 そう願う彼女が紹介されたのは、領主屋敷の侍女という仕事だった。 「これって、領主様のためになるだけなのではないかしら。  もっと多くのひとのためになりたいのだけれど」 ふしぎに思いながらも働いていると、若き領主、クロード・ドゥ・ガヴァルダのことがわかってきた。 領民に慕われ、領民のために尽くす彼は、みずからの利益をまるで考えない。 屋敷が荒れ、ほかの貴族から貧乏領主と罵られようと、彼はまるで気にしなかった。 「このひとのために働くことが、人々のためになるんだわ」 ユーナは心に決めた。 クロードの優しさと、彼の領地を守り抜くことを。 ※珍しく先の構想があるため長編としています。書き急がないよう気をつけているので展開は遅いと思いますが、お付き合いいただけますと嬉しいです。 ※領主、序盤はショタぎみですが成長まで書くつもり。 ※エログロは他で発散してここには持ち込まない予定。(あーでも巨乳設定入れちゃったか……) ※各キャラそれぞれの事情があるため、完全な悪人は登場しないかもしれません。ざまぁは期待しないでください。 ※お気に入り、しおり、感想、すべて感謝しています。露骨にやる気に直結するのでぜひお願いします。 ※誤字脱字は、ない自信があります。もし発見された場合は報告して自信を打ち砕いてみてください。 ※バックアップ代わりにカクヨムに転載していますのでご了承ください。
24hポイント 704pt
小説 2,296 位 / 125,838件 恋愛 1,101 位 / 36,013件
文字数 36,587 最終更新日 2021.12.05 登録日 2021.11.25
恋愛 連載中 短編
聖女フェリシアは、かつての魔王が封印された封魔の塔を管理している。 加護のない者が塔に侵入すると、その身体を魔王に支配されてしまうからだ。 だがある日、妹マリーの誕生日パーティのために彼女は塔を離れることになった。 妹はそのパーティで、王太子サミュエルから手酷い婚約破棄を言い渡される。 「お姉ちゃん、ごめんなさい。  アタシ、魔王になってあいつを殺すわ」 フェリシアが止めるのも聞かず、マリーは塔へと消えていく。 彼女は魔王となったのだ。 しかし、王都は聖女フェリシアの加護で守られている。 「このままじゃマリーが返り討ちにあってしまう。  だったらわたし、悪女になって加護を消します」 魔王と悪女が手を組んで、憎きサミュエルに復讐を果たすことはできるだろうか。
24hポイント 35pt
小説 16,379 位 / 125,838件 恋愛 6,887 位 / 36,013件
文字数 6,986 最終更新日 2021.11.26 登録日 2021.11.24
恋愛 連載中 短編
ゾーイは人生に退屈していた。 だから彼女は、変人で有名なヴィクター卿と無理やり婚約し、ほとんど押しかけるかたちで同居した。 わくわくすることを求めて。 だが彼は、ゾーイに興味を示さない。 なにもしてくれないどころか、見てさえくれない。 「つまらない、つまらない、つまらない〜!」 ゾーイは退屈を打破するため、工作活動をおこなった。 あまりにたくさんやったからどれが功を奏したのかわからないが、ある日、ヴィクター卿が彼女に告げた。 「出ていけ、婚約破棄だ」 ゾーイは非日常の予感に身を震わせる。
24hポイント 0pt
小説 125,838 位 / 125,838件 恋愛 36,013 位 / 36,013件
文字数 3,981 最終更新日 2021.11.26 登録日 2021.11.24
婿養子として侯爵になったサイードは、自室にモーリンという金持ちの娘を囲っていた。 催眠術をつかえるという彼は、モーリンを思いのままに操って欲望を満たしつづける。 妻も住んでいる屋敷の、その一室で。 「あたしの財産があれば、あなたも安心よね?  爵位とか面倒なものは捨てて、一緒になりたいわ」 モーリンの言葉に彼の心は揺れる。 妻を捨てて、この馬鹿な娘と一緒になろう。 そう決意したサイードは、妻ジャクリーヌの待つ居間へと向かった。
24hポイント 28pt
小説 18,070 位 / 125,838件 恋愛 7,591 位 / 36,013件
文字数 4,474 最終更新日 2021.11.23 登録日 2021.11.23
 しがない洋裁店のひとり娘エレーナには、秘密の婚約者がいた。  ある雨の日に街道で恋したジャマル王太子だ。  身分違いのふたりは妨害を避けるため、結婚当日まで婚約を伏せることにしていた。  だが結婚式が翌週に迫ったとき、店番をしているエレーナのもとにひとりの美女が現れた。  占い師を名乗る、オルガという女だった。  彼女はエレーナの婚約を知っているばかりか、本人たちしか知り得ない内面的なことまで言い当ててみせた。  そしてエレーナに告げる。 「結婚すると最悪な運勢が待っているわ。  すぐに婚約を破棄しなさい。  それから、その理由を彼に教えてはダメ」  エレーナの予言する未来を回避して、ふたりは幸せになることができるのだろうか?
24hポイント 134pt
小説 7,790 位 / 125,838件 恋愛 3,322 位 / 36,013件
文字数 34,405 最終更新日 2021.11.21 登録日 2021.11.10
わたしは、聖女アシュリーとして教会に転生した。 教義なんてまるで知らないが、そのことは伏せて、どうにか話を合わせて聖女として暮らしている。 だが今日は、わたしが「筆おろしの儀式」をおこなう日らしい。 「筆おろしって、あの筆おろし?」 誰にも訊くことができない不安のなか、わたしはステージへと向かった。
24hポイント 28pt
小説 18,070 位 / 125,838件 ファンタジー 3,150 位 / 32,349件
文字数 4,600 最終更新日 2021.11.12 登録日 2021.11.12
アイリーンは父親の金儲けの道具として使われていた。 未成年の彼女を、金持ちと婚約させて見返りを得ていたのだ。 だがアイリーンは、売られるたびに救出される。 騎士団長エリオットの手で。 どんなときでも駆けつけ、助けてくれる彼。 でも、アイリーンのことは子ども扱いするばかり。 そして絶対に、彼女の目を見ようとはしてくれなかった。
24hポイント 42pt
小説 14,639 位 / 125,838件 恋愛 6,320 位 / 36,013件
文字数 4,728 最終更新日 2021.11.12 登録日 2021.11.12
キャロルは突然、スティーブ王太子から婚約破棄を告げられた。 「どうして?  わたしがあなたになにかした?」 泣き崩れるキャロル。 だがじつは、その婚約破棄はキャロルが仕組んだものだった。 彼女が去ったあと、スティーブは新しい婚約相手をみなに紹介した。 その名はコリーナ=ポンポ。 スティーブは知るよしもないが、その絶世の美女は、キャロルの助けた豆狸が化けたものだった。
24hポイント 7pt
小説 28,510 位 / 125,838件 恋愛 11,787 位 / 36,013件
文字数 4,986 最終更新日 2021.11.11 登録日 2021.11.11
エミリーのデコピンは、かつて弟との罰ゲームのために鍛錬を重ねた、最強のデコピンだ。 弟のおでこはそれに耐えるため、分厚く変形していたほどだった。 ある晩、婚約者であるフランク王太子と寝室にいたエミリーは、デコピンに興味をいだいた彼から頼まれる。 「ぼくにデコピンしてほしい」 極限まで鍛錬されたエミリーのデコピンは、王太子の頭をたやすく破壊してしまう。 激怒した王妃から彼女が告げられた刑罰は、恐ろしく残酷なものだった。
24hポイント 0pt
小説 125,838 位 / 125,838件 恋愛 36,013 位 / 36,013件
文字数 5,667 最終更新日 2021.11.11 登録日 2021.11.11
恋愛 完結 短編 R18
「恨むなら、おまえの兄を恨め」  王宮の家庭教師ミリアムは、夜な夜な、教え子であるコリン王子を調教している。  口汚く罵りながらおこなわれるその行為は、かつて彼女を捨てた、コリンの兄への復讐だという。  優秀な先生としての顔。  残虐なご主人様としての顔。  その両方を使い分けて計画する復讐とは?
24hポイント 35pt
小説 16,379 位 / 125,838件 恋愛 6,887 位 / 36,013件
文字数 16,211 最終更新日 2021.11.08 登録日 2021.11.03
「わたし、他に好きな人ができたの……って、あなたその反応はどういうこと?」  ミシェル王女の婚約者ジェレミーは、彼女にまるで興味がない。  定期的なお茶会でも、いつだって本を読んでいる。  それは、ミシェルが婚約破棄を申し出ても変わらないはずだった。  ところが、婚約破棄の理由がミシェルの同性愛だと知るや、ジェレミーの目はきらきらと輝きだす。  ミシェルの幼なじみのイザベルが訪ねてくると、彼はもう止まらなくなった。
24hポイント 7pt
小説 28,510 位 / 125,838件 恋愛 11,787 位 / 36,013件
文字数 10,006 最終更新日 2021.11.02 登録日 2021.10.26
占い師さんがいうには、あたしはこれから死んで転生するらしい。 ※カクヨムにも載せました。
24hポイント 0pt
小説 125,838 位 / 125,838件 ファンタジー 32,349 位 / 32,349件
文字数 5,532 最終更新日 2021.09.26 登録日 2021.09.26
大公爵と呼ばれていたブランドン家は滅びました。 母親は亡くなり、父親は行方知れず。 令嬢ディオンヌは、ライバルだった侯爵、ジョーデン家に引き取られました。 ひとりの使用人として。 ジョーデン家の嫡男ジョサイアは、ディオンヌの幼なじみです。 幼なじみの屋敷で働くこととなった彼女は、すっかり距離を置いて冷たい目で見下してくる彼のことを、憎みながら暮しました。 ブランドン家を陥れたのがジョーデン家だというのは、公然と語られる噂だったからです。 やがて、ジョサイアが当主となります。 先代の病死によって。 ジョサイアと、彼の婚約者であるエレノアは、ディオンヌに毒殺の嫌疑をかけました。 恨みと憎しみと……古い古い、結婚の約束。 今のふたりの間にあるのは、いったい何なのでしょう。 屋敷の廊下にある骨董品の仮面が、ディオンヌを見つめていました。 彼女の秘密を知っているとでも言わんばかりに。
24hポイント 35pt
小説 16,379 位 / 125,838件 恋愛 6,887 位 / 36,013件
文字数 48,335 最終更新日 2020.02.20 登録日 2020.01.30
恋愛 完結 ショートショート
婚約者から、じつは王族出身だと告白されました。 現代でそういう話をされてもピンときませんが……。
24hポイント 7pt
小説 28,510 位 / 125,838件 恋愛 11,787 位 / 36,013件
文字数 1,241 最終更新日 2020.01.29 登録日 2020.01.29
恋愛 完結 ショートショート
わたくしは魔王復活のために準備を整えてきました。 あとは婚約者である王子の血を、魔法陣に捧げるだけ。
24hポイント 7pt
小説 28,510 位 / 125,838件 恋愛 11,787 位 / 36,013件
文字数 1,663 最終更新日 2020.01.28 登録日 2020.01.28
恋愛 完結 ショートショート
アタシの悩みは身長です。 男の人より頭ひとつ以上高いので、なかなか婚約できません。
24hポイント 7pt
小説 28,510 位 / 125,838件 恋愛 11,787 位 / 36,013件
文字数 1,730 最終更新日 2020.01.27 登録日 2020.01.27
恋愛 完結 ショートショート
現世で結ばれないのなら……。 わたしと彼は、ふたりで身を投げました。
24hポイント 7pt
小説 28,510 位 / 125,838件 恋愛 11,787 位 / 36,013件
文字数 1,493 最終更新日 2020.01.26 登録日 2020.01.26
恋愛 完結 ショートショート
……。 ……えっ、わたくし? ただのモブ令嬢です。
24hポイント 28pt
小説 18,070 位 / 125,838件 恋愛 7,591 位 / 36,013件
文字数 2,103 最終更新日 2020.01.25 登録日 2020.01.25
恋愛 完結 ショートショート
ワタシ は ロボット。 必要に応じて婚約破棄を告げるだけです。
24hポイント 7pt
小説 28,510 位 / 125,838件 恋愛 11,787 位 / 36,013件
文字数 1,367 最終更新日 2020.01.25 登録日 2020.01.25
恋愛 完結 ショートショート
わたくしは記憶を取り戻しました。 婚約破棄して命を絶った、悲しみの伯爵令嬢です。
24hポイント 7pt
小説 28,510 位 / 125,838件 恋愛 11,787 位 / 36,013件
文字数 1,192 最終更新日 2020.01.24 登録日 2020.01.24
97 12345