純情赤ずきんとイケメン狼が手を繋ぐ可能性について考える話

赤ずきんが狼にロックオンされました。
狼は赤ずきんを食べたいんじゃなくて、一緒に手を繋いで歩きたいのです——。
赤ずきんは、その手を狼に差し出すことができるでしょうか……?

篠田 航平、24歳。中堅家電メーカー星川電機の広報部に勤めて2年目だ。
今年度の春に異動してきた超絶美女な上司である小宮山係長に電撃的に一目惚れしたものの、結局振られてしまった俺。
失恋の痛みで凹む俺に、これまで頼もしい恋の助っ人だった五十嵐先輩は相変わらず優しい。
頭脳明晰、容姿端麗、メガネがやたらに色っぽい。クールなようでいて実は情に厚い、外も中身も超イケメンな先輩だ。

天然で果てしなく鈍い俺は、いつものように何となく彼の優しさに寄りかかってしまったのだが……。

——恋って、本当に「異性」としかしないもの?
愛って、本当に「異性」とだけ育むもの?

そんなことを、少しだけ考えてみたくなる話。


※エブリスタでも公開しています。
24hポイント 0pt
小説 120,660 位 / 120,660件 BL 12,095 位 / 12,095件