舞姫【中編】

天涯孤独の少女は、夜の歓楽街で二人の男に拾われた。

三人の運命を変えた過去の事故と事件。

そこには、三人を繋ぐ思いもかけない縁(えにし)が隠れていた。

剣崎星児
29歳。故郷を大火の家族も何もかもを失い、夜の街で強く生きてきた。
兵藤保
28歳。星児の幼馴染。同じく、実姉以外の家族を失った。明晰な頭脳を持って星児の抱く野望と復讐の計画をサポートしてきた。

津田みちる
20歳。両親を事故で亡くし孤児となり、夜の街を彷徨っていた16歳の時、星児と保に拾われた。ストリップダンサーとしてのデビューを控える。

桑名麗子
保の姉。星児の彼女で、ストリップ劇場香蘭の元ダンサー。みちるの師匠。

亀岡
みちるの両親が亡くなった事故の事を調べている刑事。

津田(郡司)武
星児と保が追う謎多き男。


切り札にするつもりで拾った少女は、彼らにとっての急所となる。
大人になった少女の背中には、羽根が生える。

与り知らないところで生まれた禍根の渦に三人は巻き込まれていく。
彼らの行く手に待つものは。
24hポイント 0pt
小説 87,038 位 / 87,038件 ミステリー 2,082 位 / 2,082件