祓い屋はじめました。

吉田瞳、高校二年生。
可愛らしい名前であるが、れっきとした男子高校生である。

その生い立ちや育った環境といささか普通とは言えない体質が原因で、周りに人を寄せ付けなかった。

そんな彼に物怖じせずに近付いてきたのは、クラスメイトの西園寺円であった。
彼は瞳に言った。
「一緒に祓い屋やらない?」


【※ 注意 ※】
※ シリアス風味ですが、コメディ調の時もあります。
※ 性的マイノリティについては自分で調べた範囲での表現となります。あくまでもフィクションです。

※ R18部分に特に印は付けませんが、サブタイトルの数字の小数点以下に数字がある場合は性描写ありです。

※ 終盤近く、モブレ(未遂)、精神的なモブレ(?) ありますので、苦手な方はご注意ください。
24hポイント 0pt
小説 144,255 位 / 144,255件 BL 16,469 位 / 16,469件