七月の夏風に乗る

 花岡北高校に通う三年の浅石佑次、箱石ひらり、西窪なずなは、それぞれ応援団長と、生徒会長、吹奏楽部部長を務めている。北高の一番の特徴は、伝統として野球応援は声と太鼓だけという〝バンカラ応援〟を継承していることで、その歴史は七十年にも渡っている。
 そんな折、生徒総会の間際、応援団長の佑次から『夏の甲子園県大会の際にバンカラ応援に吹奏楽を取り入れたい』という要望書が出された。ひらりたち生徒会や、なずなたち吹奏楽部は佑次に大いに振り回されて――。

 七月の野球グラウンドに吹奏楽の音は響くのか?
 悩み、もがき、葛藤しながら一つの目標に向かう等身大青春群像劇。
24hポイント 0pt
小説 77,585 位 / 77,585件 青春 3,517 位 / 3,517件