召喚破棄されたコボルト、お人よしの魔女と出会う

俺はただひたすらに耐えていた。


体から抜けていく熱を少しでもとどめるために。


俺が俺で……いるために。


これが終われば、ただのコボルトに戻ってしまうという恐怖。


それを救ってくれたのは、1人の人間だった。


何を返せばいいかという問いに薬師兼魔法使いだという

人間の少女は俺に旅のお供をお願いして来た。


どこか天然の少女と、召喚されたとはいえ怪物の俺とが旅をしたならば静かに過ごせるはずもなく……。


今度は誰かを守りたいコボルトと、魔法使いの少女とが紡ぎ出す、旅するファンタジーの始まりです!
24hポイント 7pt
小説 23,233 位 / 99,628件 ファンタジー 4,870 位 / 26,807件