私は貴方の抱き枕ではありません~隣人は、自称“魔王様”でした~

平凡な会社員である、山田理子は入居しているマンション隣人の騒音に悩まされていた。
快適な睡眠時間を確保するため防音対策をしている時に、誤って壁に穴を開けてしまう。
その夜、壁の穴から聞こえてきたのは、女性の悲鳴と高圧的な男性の声だった。

突然始まった、隣人“自称”魔王様との交流。
山田理子は快適な睡眠を確保し、平穏な生活を送れるのか。
寝室と異世界を行ったり来たりして、魔王様に溺愛されながら本人が知らぬ間に色々と巻き込まれていく話。


*表紙イラストは松葉燎様です。
*以前、掲載していた全年齢版(別タイトル)を改稿して、性描写を加筆した話です。
*性描写までが長いです。
24h.ポイント 35pt
136
小説 19,393 位 / 187,181件 恋愛 8,574 位 / 56,729件