記憶喪失をした俺は何故か優等生に恋をする


不良高校生 上原 美月(うえはら みづき)は朝、目が覚めると何故か記憶が薄れていることに気がついた。

全てを忘れたわけではなく、断片的に思い出せることもある。

俺が高校生だということ。
三人の友達がいたこと。
結構、高校生活を謳歌していたこと。

しかし、つい昨日の出来事や、友達との会話、自分の高校での思い出などを忘れてしまっていた。
そして、たびたび訪れる既視感や、謎の記憶。

何故か記憶喪失した主人公と優等生の女子とのラブコメものです。

24hポイント 7pt
小説 19,944 位 / 86,946件 恋愛 8,313 位 / 22,937件