赤線の記憶 それでも僕は君を

昭和30年代。
戦後復興期のさなか、若き実業家と赤線の女が恋に落ちる。
世間からいい顔をされなくとも、ふたりは幸せだった。
だが時は流れ、売春防止法の施行に伴って赤線の廃止が決定。
時代の流れは残忍な濁流となって、ふたりを押し流して行く。

昭和の妖怪、岸信介。
経済の鬼、池田勇人。
貴公子、佐藤栄作。

彼らは、寵愛する若き麒麟児に、どのような道を示すのか。

連載再開です。
24hポイント 0pt
小説 55,747 位 / 55,747件 歴史・時代 733 位 / 733件