ミステリー 殺人犯小説一覧

カテゴリ ミステリー
タグ 殺人犯×
5
1
ミステリー 連載中 短編 R15
秋雨の日、燈野良太郎(とうのりょうたろう)は殺人現場に居合わせてしまった。 犯人……山田朔(やまださく)を持ち帰り、脅す良太郎。 そこには悲しい過去が隠されていた。 そして、それが出会う運命であるということを。 『幻の兄弟』……ファントムブルーダー結成秘話をご覧ください。
24hポイント 0pt
小説 120,354 位 / 120,354件 ミステリー 2,810 位 / 2,810件
文字数 3,131 最終更新日 2020.09.18 登録日 2020.09.12
ある日突然グループチャットに届いたメッセージ 差出人はbloody 幸太郎達10人は、誰かのイタズラだと思いつつ、指定された場所へ向かった。 そこに待ち受けていたのは、地獄のような日々だった。 彼らは言った。 『この事件は、後になんと呼ばれるのだろう』
24hポイント 0pt
小説 120,354 位 / 120,354件 ミステリー 2,810 位 / 2,810件
文字数 1,847 最終更新日 2021.07.28 登録日 2021.07.26
8
男は人を殺害してしまった。 殺人を起こしてからは、全てが色あせ全てがおかしくなってしまった。 そんな男に、とある占い師が話をかける。
24hポイント 0pt
小説 120,354 位 / 120,354件 ミステリー 2,810 位 / 2,810件
文字数 4,500 最終更新日 2021.02.26 登録日 2021.02.26
金銭の単位と同じ名《めい》を名付けられたその少女は、街中を徘徊する乞食であった。 ――ある日少女は、葦の群生地に溜まった水たまりで身を清めているところ、一人の身なりの良い貴族とばったり顔を突き合わせる。 貴族は非礼を詫び立ち去ったが――どういうわけか、その後も貴族は少女が水浴びをしているところへ、人目を忍び現れるようになった。 そしてついに、ある日のこと。 少女は貴族の男に誘われ、彼の家へ招かれることとなった。 貴族はどうやら、少女を家族として迎え入れるつもりのようだが――貴族には四人の妻がいた。 反対、観察、誘い、三者三様の反応で少女に接する妻たち。 前途多難な暗雲が漂う少女の行く先だが――暗雲は予想外の形で屋敷に滴れた。 騒然となる屋敷内。 明らかな他者による凶行。 屋敷内で、殺人が発生したのだ――。 被害者は、四人の妻の一人。 ――果たして、少女の辿る結末は……?
24hポイント 0pt
小説 120,354 位 / 120,354件 ミステリー 2,810 位 / 2,810件
文字数 19,123 最終更新日 2021.05.01 登録日 2021.04.22
僕の仕事は指名手配犯を捕まえることだ。指名手配犯を捕まえては警察に突き出しそれで生活している。だから、、、
24hポイント 0pt
小説 120,354 位 / 120,354件 ミステリー 2,810 位 / 2,810件
文字数 1,772 最終更新日 2021.07.13 登録日 2021.07.13
5