現代文学 兄弟小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 兄弟×
6
四季ノ瀬町子ども会の中心人物・安治おじさんが死んだ。彼を父と慕う瑠璃と理人は、遺品整理の際に手紙の山を発見する。それは子ども会の一人一人に宛てられた手紙だった。しかし、幸多宛ての手紙だけが見つからない。不思議に思う瑠璃たちだが、幸多は「どんなに探しても見つからないと思う」と、言う。理人はそんなことがあるはずないと考えて安治を信じようとするが、瑠璃は真実を知りたいと願う。徐々に明かされていく幸多と安治の間で起きたこと。やがて理人は現実を受け止められなくなり、暴走を始める――。※同性愛描写(BL)が含まれます。
24hポイント 49pt
小説 8,125 位 / 63,930件 現代文学 110 位 / 2,783件
文字数 160,531 最終更新日 2017.10.30 登録日 2017.06.01
ぼくたちは双子で、身体がくっついている。 結合双生児にまつわる短編集。
24hポイント 49pt
小説 8,125 位 / 63,930件 現代文学 110 位 / 2,783件
文字数 36,789 最終更新日 2018.06.30 登録日 2018.05.05
ひとつ屋根の下。三兄弟によって10日の間に繰り広げられる諸事情コメディ。  放浪癖のある父がヨーロッパを放浪中フランス人女性と付き合い、できた子が貴純(たかずみ)で、その後、日本人女性との間に生まれた二卵性双生児が侑一(ゆういち)と侑二(ゆうじ)だ。双子が大学へ入学したのを見届けた父は、またも放浪の旅に出てしまった。  そういうわけで。  貴純は、歳の離れた次男と三男の面倒をみながら主夫状態にあるのだが。次男が三男に恋心を抱いているのではないか、と確信する。そうして、三男侑二とともに次男侑一を見張る日々がスタートする。  侑一の見張りで双子の通う大学へ行った貴純は、偶然、学生時代に恋人だった遼子(とおこ)と再会。飲みに誘われて貴純は、遼子に生来の弱点を暴かれ、再び付き合うことになるのだが――
24hポイント 0pt
小説 63,930 位 / 63,930件 現代文学 2,783 位 / 2,783件
文字数 34,185 最終更新日 2018.06.15 登録日 2018.04.03

僕はある日、森の中で兄の死体を見つけた。それから兄の死体が腐敗し朽ちていく様を見るのが僕の日課となった。兄の遺体に様々な生き物たちが集っていた。僕と兄は森の中で二人だけの親密な時間を過ごした。
24hポイント 0pt
小説 63,930 位 / 63,930件 現代文学 2,783 位 / 2,783件
文字数 3,987 最終更新日 2019.07.03 登録日 2019.07.03
沢渡凛平は、義理の妹で雫と共に、山道を登っていた。彼らの胸に去来するのは、若くして亡くなった凛平の弟、慎平の事であった。 生前、兄弟二人で山を登っていた時に凛平は、慎平から眉唾物の言葉を投げかけられる。 「地球上を流れる川の中には、この地球の記憶が溶け込んでいる」 二人を繋ぐ存在の慎平を失い、彼ら二人が山道を登る理由とは? 絆の存在を改めて見つめ直す、ヒューマンストーリー。 ※本作品は他サイト、『小説家になろう』にも掲載しております。
24hポイント 0pt
小説 63,930 位 / 63,930件 現代文学 2,783 位 / 2,783件
文字数 16,755 最終更新日 2019.11.16 登録日 2019.11.16
6
現代文学 連載中 長編 R18
兄弟仲なんて、わるいのがデフォルトだ 突然の両親の死をきっかけに、遺産相続をきっかけにして、引き継いだ親父の会社を巻き込んだ、兄弟喧嘩を繰り広げる。
24hポイント 0pt
小説 63,930 位 / 63,930件 現代文学 2,783 位 / 2,783件
文字数 2,247 最終更新日 2019.11.25 登録日 2019.11.25
6