キャラ文芸 SF要素あり小説一覧

カテゴリ キャラ文芸
タグ SF要素あり×
5
 人間が人間以外の生き物に育てられたという話はたまに聞くことがある。狼、犬、猿、豹など、様々な動物たちが人間を育ててきた。また、鶏や鸚哥などと一緒にそれらの鳥と同じ扱いを受けて育てられたために、人間との接し方を知らずに育ったという人間たちもいる。  全ては、すでに大人になっていた人間たちの勝手な都合だった。  そんな環境で育った子供たちを後から人間の世界に戻そうとしたとしても、まわりの人間は彼らの行動を理解することができず受け入れられない、同時に本人たちも人間の世界を嫌う。  レイは、生まれた時からロボットに育てられた。  まわりも、ロボットしかいない環境で育っていった。  十六年が経ったある日、レイの幸せな日々が突然終わりを告げた。  人間たちが、レイを人間の世界に戻すことを決め、迎えに来たのだった。本来生きるべき世界と言われた人間が住む世界は――。
24hポイント 0pt
小説 76,880 位 / 76,880件 キャラ文芸 1,860 位 / 1,860件
文字数 19,177 最終更新日 2018.11.13 登録日 2018.11.03
共にいながらも、どこかすれ違う彼らが「真の相棒になる」物語。 怪盗&(アンド)は成人男性の姿でありながら、精神の幼いアンドロイドである。彼は世界平和のために、兵器の記憶(データ)を盗む。 相棒のフィクサーは人を信頼できない傲岸不遜な技術者だ。世界平和に興味のない彼は目的を語らない。 歪んだ孤独な技術者が幸せを願うまで。 無垢な怪盗アンドロイドが運命に抗うまで。 NYを舞台にした情報化社会のヒーローと相方の技術者の活躍劇(現代×SF×バディ)
24hポイント 0pt
小説 76,880 位 / 76,880件 キャラ文芸 1,860 位 / 1,860件
文字数 18,732 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.05.26
□作品紹介□  むかしむかしってほどじゃない、ほんのちょっと前。あるところに一人の女の子がいたんだ。  彼女は優しくて、賢くて、強い子だったけど、ひとつだけ大きな問題があった。そのお陰で、彼女にはずっと、友達といえる友達がいなかった。  ある日のことだった。隣の家の前に、一人の男の子が立ちつくしていた。いつもは見かけないから、多分、お父さんお母さんが家にいなかったか、鍵を忘れちゃったか、あるいはその両方なんだと思う。  迷った。話しかけてどうするんだ、とも思った。そんなことをしたってどうせ、とも思った。  それでも、彼女は話しかけた。手を差し伸べた。少年は今にも泣きそうな顔を必死に崩さないようにする。きっと相当心細かったんだろう。話しかけてよかった、そう思った。  それから彼女には一人の友達が出来た。なんの問題も起きない、幸せな関係。だけど、そんな時間はすぐに音を立てて壊れていった。  むかしむかしってほどじゃない、ほんのちょっと前。あるところに一人の女の子がいたんだ。  彼女は優しくて、賢くて、強い子だったけど、ひとつだけ大きな問題があった。そのお陰で、彼女にはずっと、友達といえる友達がいなかった。  だけど、そんなひとりぼっちの時も過ぎて、彼女は今、ちょっとだけ人とは違う、けれど大半はごく普通の人生を送っている。あの日のことは忘れて。これからもずっと。そのはずだった。  ある日、誰かが言ったんだ。世界を変えるのは意思の力だって。  これは、そんな意思の力で、どこにでも広がっている醜いセカイが、美しくなる。そんな御伽噺。 □更新について ・毎週火曜日0時更新を予定しております。 ・今のところ作品中盤までの掲載を予定中です。 ・掲載分以降の連載はカクヨム版をご確認ください。 □参考URL 『されど美しき僕らのセカイ』カクヨム版:https://kakuyomu.jp/works/1177354054892553203 (最終更新日:2020/02/09)
24hポイント 0pt
小説 76,880 位 / 76,880件 キャラ文芸 1,860 位 / 1,860件
文字数 103,805 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.02.09
SFものですが、できるだけ1話で読み切りスタイルを目指します。 なので不定期連載という事でよろしくお願いします。 題名、内容がアルファポリス、キャラ文芸にかかってます。 完全に遊び心で書きました。 基本、おっさんホイホイな内容ですが、SF、ゲーム、声優が好きな方が読んでくれると嬉しいです。
24hポイント 0pt
小説 76,880 位 / 76,880件 キャラ文芸 1,860 位 / 1,860件
文字数 7,250 最終更新日 2017.08.15 登録日 2017.08.15
5
キャラ文芸 連載中 短編 R15
 化け物でも、旅がしたい。  舞台は、化け物病と呼ばれる奇病が流行る、地球とそっくりに作られた星。  その中で歩く二人のバックパッカーがいた。  一人は顔の怖い老人、もう一人は眼球の代わりに青い触覚をもつ化け物。  旅先で出会う人々、そして化け物との出会い。彼らの思いが、優しく、おかしく、時に辛く吐き出される。  「小説家になろう」「カクヨム」「マグネット」と重複投稿している短編集です。各話の繋がりはあるものの、どこから読んでも問題ありません。 ★←このマークが付いている作品は、人を選ぶ表現(グロ)などがある作品です。
24hポイント 0pt
小説 76,880 位 / 76,880件 キャラ文芸 1,860 位 / 1,860件
文字数 72,750 最終更新日 2020.06.26 登録日 2020.05.05
5