小説 一覧

カテゴリ SF
タグ 自衛隊 ×
14
1
SF 完結 長編 R15
※完結済み※ 2015年、日本は霊的な力場により閉鎖された。 日が暮れると現れ、人間を喰らう「霊威」。陸上自衛隊に設立された祓霊師(ASP)部隊は、それら「霊威」を撃破殲滅することを主目的とする。 陸上自衛隊第11旅団所属ASP隊隊員、一琉カイ曹長は、上官である伍條ツカサ一尉の指揮の下、連日連夜の霊威狩りに出向くのであった。その行為に大いなる意味があるとは知らぬままに。 ----------- 一琉と伍條の凸凹♂♀コンビがあれこれ丁々発止します。 お約束のサービスシーンもあったり? なかったり? 大人の信頼関係、大人の距離感、そんなものを感じて頂ければ。
24hポイント 184pt
小説 2,517 位 / 31,042件 SF 36 位 / 1,074件
文字数 90,703 最終更新日 2018.07.15 登録日 2018.07.15
2
SF 連載中 長編 R15
PKFに派遣される予定だった陸自と海自の部隊が異世界に召還される話です。 初めての投稿で拙く読みにくいかもしれませんが御了承下さい
24hポイント 35pt
小説 5,323 位 / 31,042件 SF 59 位 / 1,074件
文字数 499 最終更新日 2015.04.06 登録日 2015.04.05
3
SF 完結 長編
 突如と発生した謎の疫病。人間はそのウイルスに感染すると『ゾンビ』となり人を食らう。日本政府は撤退を余儀なくされる。徹底抗戦を決断した自衛隊はどうなるのか?  主人公の竜崎守を中心に日本の推移を描く長編ストーリー。
24hポイント 35pt
小説 5,323 位 / 31,042件 SF 59 位 / 1,074件
文字数 20,697 最終更新日 2017.05.03 登録日 2016.11.17
4
SF 完結 長編
 沖縄列島の中部に突如原因不明の低気圧と電波障害が発生。  さらに、局地的な地震とともに、石城島のすぐ東の海に突然巨大な島が出現する。  折しも西部普通科連隊を中心とする陸自の混成部隊は、石城島にて米海兵隊との合同離島防衛訓練を行っていた。   訓練の中止が決定されるも、陸自の混成部隊120名は、低気圧の影響で母艦である"ワスプ"への帰還を延期せざるを得なくなる。  豪雨の中夜営する自衛隊員が一人、また一人行方不明となって行く。  わずかな痕跡を頼りに行方不明者の捜索に出た諏訪部二尉の部隊が見たものは、太古の昔に絶滅したはずの恐竜だった。  予想外に高い戦闘力を持つ恐竜たちに対し、通信機器や電子機器を封殺された自衛隊員たちは追い詰められ、島民にも犠牲者が出始める。  島から脱出できなければ死。豪雨と強風の中の脱出作戦が開始される。
24hポイント 21pt
小説 6,458 位 / 31,042件 SF 74 位 / 1,074件
文字数 140,350 最終更新日 2018.05.03 登録日 2018.01.19
5
SF 連載中 長編 R15
「怪獣」という存在が当たり前となった世界。その被害を多く受ける日本を中心に、怪獣の存在によって起こる様々な事件や戦いを書いています。 明確な主人公は居ませんが、自衛隊関係者や民間自衛隊などの一部民間人がその役割りです。
24hポイント 7pt
小説 9,134 位 / 31,042件 SF 127 位 / 1,074件
文字数 40,752 最終更新日 2018.04.21 登録日 2017.05.20
6
SF 連載中 長編
人々はこの出来事を“The end of the world”通称世界の終わりと名付けた。 そして私は、その終わりの瞬間を知らない。 沢山の人の犠牲を目の当たりにしながらも、世界とは何か。大切なものとは何か。壁にぶち当たりながらも主人公やその周りが成長していく物語。 恋愛要素あり。グロい表現あり。
24hポイント 7pt
小説 9,134 位 / 31,042件 SF 127 位 / 1,074件
文字数 2,478 最終更新日 2018.04.15 登録日 2018.04.15
7
SF 完結 長編
 それは黄金に輝く小型恐竜の急襲という形を取って現れた。パラレルワールド・異世界からの攻撃。迎え撃つのは自衛隊、そして特能部隊神童。異能の力を駆使する少年少女たちの部隊である。彼らの働きで、被害は最小限度に抑えられている。そこに新たに神童に加わったスサノオは、強大な戦闘力で敵を圧倒した。
24hポイント 0pt
小説 31,042 位 / 31,042件 SF 1,074 位 / 1,074件
文字数 113,080 最終更新日 2016.02.10 登録日 2016.02.01
8
SF 完結 短編
アメリカの財政の崖からの転落を発端にした大暴落は第二世界恐慌を引き起こし 第三次世界大戦が勃発していた。日本も例外ではなく日本本土には戦いは 起きていないが領海周辺で散発的な戦いが発生。自衛隊も海上保安庁もその 対処に追われていた。ある日、賞金稼ぎの七瀬盤のもとに依頼が入ってくる。 それは新しい暗号通貨プログラマーを太平洋の合流地点まで運ぶというものだった
24hポイント 0pt
小説 31,042 位 / 31,042件 SF 1,074 位 / 1,074件
文字数 19,217 最終更新日 2016.10.20 登録日 2016.10.20
9
SF 連載中 長編
公安機動捜査隊特捜班…それは公安が誇る最大の敵。 最後の戦いを描いた。パロディ小説。 登場人物紹介 稲見朗 巡査部長。元・自衛隊員で第1空挺団に所属した過去を持つ捜査官。 ある特殊任務で心に深い傷を負い、除隊し現在に至る 一見チャラく接する事で周囲との調和を図っていて、行きつけのバーでは若い女性に優しく言葉を掛けている。 それ故に女性関係は奔放な様子。 高い格闘技術と身体能力の持ち主で、時に無鉄砲なまでに周囲の想像を超える派手な立ち回りで犯人を制圧する。 田丸三郎(たまる さぶろう) 演 - 西島秀俊 巡査部長。 稲見と同じ特捜班に所属するまじめでストイックな男。 ある事件をきっかけにかつていた公安部外事課から異動を命じられ、特捜班に引き抜かれた過去を持つ。 特に稲見の事を仲間と思って気に掛けており、稲見の潜入捜査の相手が皆殺しにされて敵討ちをしようとしたのを言葉を使わずに本来の仲間に戻って来る様伝えた。 吉永三成(よしなが みつなり) 特捜班班長。警部。元・警視庁捜査一課の刑事で、取り調べの名手 一方で私生活では妻や小学生の娘とは別居中である。 樫井勇輔(かしい ゆうすけ) 巡査部長。元・機動隊爆発物処理班の特捜班メンバー。 抜群の嗅覚を持ち、匂いが色分けされて見える「共感覚」の持ち主 感情を滅多に荒げる事がない冷静な性格で事件現場でも何処か楽しそうな笑顔でいる 大山 玲(おおやま れい) 巡査部長。凄腕の元・ハッカーでサイバー情報分析のスペシャリスト。 クールながらも心に闇を抱えている また、お菓子が好きでデスクに沢山のお菓子が詰まったボトルが複数置いている他、カバンにもパソコンやCD-ROM等の仕事上の道具に混じって入っている。高校時代ハッカーの仲間と一緒にトゥルーストゥルーパーズという未解決事件や国家権力が絡む事件を解決する目的のサイトを立ち上げ所属していたが、解決に限界を知り、一足先に抜けていた。そのサイトではメンバーのハンドルネームが明治時代の藩士の名字であった事から、平成維新軍のサイトは前述のサイトの発展形だと探っている。デスクワーク専門であるが、格闘技術は高く、練習で稲見を倒したり、犯人を取り押さえるなど、体力もある。 鍛冶大輝(かじ だいき) 警察庁警備局長。警視監。公安機動捜査隊特捜班の創設者。 極めてドライかつ合理的な考え方をする切れ者。 青沼祐光(あおぬま ゆうこう) 警視庁公安総務課長。警視。 鍛冶の忠実な部下 特捜班には複雑な気持ちで接している。特捜班が林をカルト教団から救出した際、大勢の信者に取り囲まれてしまったところ、SATを出動させて窮地を救うなど決して否定的ではない。 crisis公安機動捜査隊特捜班の非公式小説です。
24hポイント 0pt
小説 31,042 位 / 31,042件 SF 1,074 位 / 1,074件
文字数 996 最終更新日 2017.06.22 登録日 2017.06.22
10
SF 連載中 長編 R15
女子大生の美咲は、電器店でガイノイドメーカー”サイバー・テック”のブースの家庭用ガイノイドの”中の人”になるバイトをしていた。それは機ぐるみであった。  そのブースの売り場責任者でガイノイドメーカーの社長令嬢の美奈代、その妹で高校生なのに押しかけている美由紀、無理矢理着せられてしまった新人店員聖美などがいた。  ある日思わぬことが起きてしまった。美咲が入っている機ぐるみを本物のガイノイドと思った国際的窃盗団”ピンク・ジラフ”に盗まれた、いや誘拐されたのだ。  しかも美咲の機ぐるみは手違いで自衛隊の最新戦闘用パワードスーツにすり替わっていたのだ。そのため早く内密に処理したいメーカーだけでなく自衛隊までが出てきてハチャメチャな展開へ・・・ (なろう様に掲載した作品「機ぐるみの女の子が連れさらわれてしまった」のリテイクです。設定などは刷新いたします)
24hポイント 0pt
小説 31,042 位 / 31,042件 SF 1,074 位 / 1,074件
文字数 17,557 最終更新日 2016.03.03 登録日 2016.02.01
11
SF 連載中 長編
世界を席巻した人気VRMMOシュミレーションゲーム、メイド・イン・フリート。 MEIDO(machinery educate independence design organism)システムと呼ばれる生体コンピューターを搭載した戦艦を操り、自分好みにカスタマイズしたオリジナルの艦隊で戦況を切り開く。 その可能性は無限大! というありきたりなキャッチフレーズに似つかわしくない、細部まで作り込まれたこのゲームはあらゆる年代を虜にした――。 海上自衛隊を夢見る有賀浩介もその中の一人――いや、廃プレイヤーの一人だった。 ある日、有賀は連合艦隊戦(レイドフリート)の真っ只中、突如仕様にない謎の第三勢力により自らが指揮していた連合艦隊(レイドパーティ)が壊滅してしまった。戦闘終了後、突然画面がブラックアウトし、再稼働したと思った矢先自分がレベル1の状態に戻り、ログアウトが出来なくなってしまった事に気付く。 やり慣れたゲームの世界とは微妙に違う世界の中、有賀は現実世界に帰る事を目標とし、度々起こる謎の現象の原因究明に奔走する。
24hポイント 0pt
小説 31,042 位 / 31,042件 SF 1,074 位 / 1,074件
文字数 21,999 最終更新日 2017.03.15 登録日 2016.07.12
12
SF 連載中 長編
一年前に建てた家。まさかその家に覚せい剤が隠してあったとは家の住民は知るわけがない。 全国的に展開している大手企業の工務店。その背景の裏でなにか大きな力が働いているような気がする。 住宅に覚せい剤が隠されていた捜査を任せられた組織犯罪対策第五課の西山透ー。 果たして西山は大きな力の源にたどり着けるのか。 ※すべてフィクションです。人物名、企業名は架空である。
24hポイント 0pt
小説 31,042 位 / 31,042件 SF 1,074 位 / 1,074件
文字数 322 最終更新日 2017.12.09 登録日 2017.12.09
13
SF 連載中 長編 R15
2008年日本は中華国(略称中国)に尖閣諸島を巡って中国は空母艦隊を日本の領海に侵入してきた。 日本は海上保安庁では対処しきれないと考え、自衛艦隊を派遣し、アメリカに援助を頼んだがアメリカは自国の国益を守るため軍を派遣しなかった。 その海戦(尖閣の危機)では日本は勝ったが護衛艦は多くが沈没した。 その後日本は米軍に頼らない強い力を必要という世論に影響され、自衛隊は国防軍という軍に変わり専守防衛制はなくなり先制攻撃能力を保有し、強い力を持つことになった。 国防軍は今まで持つことができなかった武器を持つことになった。 また海上保安庁も沿岸警備局に名が変わり今までより強い権力を持つようになった。 沿岸警備局は、警備部、救難部の二つの部署に分かれ庶務は国防海軍に組み込まれた。 警備部は国防海軍、海での事件、日本の海洋資源の保護を担当する部署で、階級は国防軍の階級になる。 そしてこの話の主役は警備部犯罪捜査班は警備部長の直属の班の事件の話である。
24hポイント 0pt
小説 31,042 位 / 31,042件 SF 1,074 位 / 1,074件
文字数 1,671 最終更新日 2018.01.26 登録日 2017.12.21
14
SF 連載中 長編
世界は謎の宇宙人「タッコ星人」が地球を植民地支配しようと、攻めてきた。各国はタッコ星人の軍隊にとても歯が立たず、次々と降伏、植民地化されていった。運よく生き残った日本だが、タッコ星人からの攻撃により日本も危うい立場となり、人類滅亡の危機となった。日本政府は人類最期の希望として蒸気機関車を武装化した「鉄道戦艦」を作り上げ、自衛隊による地球奪還作戦を決行した。果たして、勝つのは日本か、はたまたタッコ星人か…? ※「鉄道戦艦」はサブ小説として、アップしているので、更新が遅めです。ご了承ください。
24hポイント 0pt
小説 31,042 位 / 31,042件 SF 1,074 位 / 1,074件
文字数 19,648 最終更新日 2018.05.01 登録日 2017.02.19
14